宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

ラカン的思考 書評

 注:文中[]は書評者の追記です
 「再考の努力、この事後的なものの努力、この反復、それが分析の経験が発見するものの基礎なのです」[講演(セミネール)でのラカンの発話](「ラカン的思考(以後、ページ数のみで省略)」P168)。本書は、上記のように、第一章のはじめから終章まで、仏の精神分析家ジャック・ラカンの仏でも正規版が未刊行であるものもある1965年以降から70年後半までのセミネール等からのラカンの発話を中心に、ラカン研究者や他の思想家の批評など博引旁証しながら「「他者(別のもの)の創出・侵入」[デリダ書サブタイトル](P144)として、その「他者・別のもの=異様なもの=見知らぬもの=不気味なもの」(P144-145)を「介入・侵入」する/されることで、フロイト/ラカンが提出した精神分析的言語(用語/概念)を、著者自身の遊歩者的「思考像(「…それぞれの思考像が、他の思考像とつながり…「星座」を構成し…以前には見えなかったものが浮き上が(P191)」る物)」(ベンヤミン)として、その意味を、事後的に到達されるものとして、また記憶を事後的に新たに創造し、過去の傷(記憶)に距離を置き得る追想(破壊)=反復として、ラカン(他者)的且つ宇波(主体)的且つ思想史的に「思考」を実践したものとなっているものと思われる。

つづきを表示

PageTop

アドルフ・ヴェルフリの絵画とアール・ブリュットの地平

 アール・ブリュット (art brut) あるいはアウトサイダー・アート (outsider art) の巨匠と称されているアドルフ・ヴェルフリ (Adolf Wölfli) の展覧会が東京ステーションギャラリーで、4月29日から6月18日まで開催されている。この展覧会のフライヤーにおいても、日本で初めて本格的に編集されたヴェルフリの画集『アドルフ・ヴェルフリ―二萬五千頁の王国』においても、アール・ブリュットの特異性が強調されている。だが、アール・ブリュットあるいはアウトサイダー・アートとは何であろうか。それがこのテクストを書こうと思った一番目の動機であった。二番目の動機は狂気と創作行為の問題とに関連する。ヴェルフリは狂った者という烙印を押されたことが契機となって作品が認められたのだろうか、すなわち、作品よりも狂人という側面が注目されたからこそ彼の芸術は認められたのだろうか。それがこのテクストを書く二番目の動機であった。三番目のものは執拗に繰り返される同一形態の異常さという問題である。一般的に言って、われわれの社会は理性的な秩序を好む社会であり、政治的にも、経済的にも、文化的にも合理的な規律が重んじられている。だが、ヴェルフリの作品の中に示されている過剰なまでの規則性は狂気への道に開かれてはいないだろうか。遊びのない狭い空間に無理やり押し込められたような多くのオブジェは、正常さというものを壊す根本原因の一つになり得るのではないだろうか。こうした疑問がこのテクストを書く三番目の動機であった。 

つづきを表示

PageTop

髑髏のある風景―中村彝の自画像について

 大正期を代表する洋画家の一人である中村彝は1887 (明治22) 年に茨城県仙波村で生まれた (この村は現在水戸市となっている)。彼の最もよく知られている絵は、1920 (大正9) 年に描かれた盲目のロシア人作家・エスペランティスト、ワシリー・エロシェンコの肖像であろう (エロシェンコの出身地は現在ウクライナの一部となっている)。ボリュームのある金色の髪。瞳には光がないために神秘的とも形容できる目。表情を読むことはとても難しいが、真っ白なシャツを着て、斜め前を向いたエロシェンコ。そのエキゾティックな姿は、大正時代の日本人にとって、実に魅力的なものであったに違いない。

つづきを表示

PageTop

シャセリオー展を見て

 去る2017年4月16日に,私は上野の国立西洋美術館で「シャセリオー展」を見た。テオドール•シャセリオー(1819~1856)は、私の知らなかったフランスの画家である。19世紀前半に活躍した人であり,作品はロマン主義といってもまだ写実の段階にある。しかし、作品を見ていると、なんとなく時代を先取りしているような雰囲気がある。トックヴィルの肖像も展示されていたが、これはしばしば写真で見たもので、それがこの画家の描いたもであるとは知らなかった。
 彼がサント•ドミンゴの生まれであるということに私の関心がある。サント•ドミンゴは現在のドミニコ共和国の首都であるが、あの辺りはイギリス、スペイン、フランスなどが争奪を繰り返したところであり、シャセリオーが生まれた1819年はスペイン領だった。彼の父はフランスの外交官であったというが,母は植民地で生まれた白人の女性であった。つまり、シャセリオーは19世紀ヨーロッパの帝国主義•植民地主義の最先端の場に生まれたということである。サント•ドミンゴが、クライストの作品「聖ドミンゴ島の婚約」の舞台であることも付言しておきたい。(クライスト,種村季弘訳『チリの地震』河出文庫、1996に所収。)
 今回の「シャセリオー展」では、1846年ごろに彼が描いたアルジェリアをテーマにした作品が何点か展示されている。それはアルジェリアのアラブ人女性と,ユダヤ人女性を描いたものである。同時代のドラクロワもアルジェリアの女性を描いているが、それはアラブ人の女性である。シャセリオーがユダヤ人を描いているところに私は関心を持った。というのは,フランスがアルジェリアの侵略を始めたのは1830年であり、それ以降フランスはこの北アフリカの広い地域を「植民地」として支配し始めたのである。
 かつては北アフリカは多くのユダヤ人が暮らしていたところであった。アンドレ•シュラキの600ページ近い大著『北アフリカのユダヤ人の歴史』(André Chouraqui,Histoire des Juifs en Afrique du Nord Hachette,1985) は,彼らについての詳細な研究である。これを読むと,北アフリカのユダヤ人が、オスマントルコの支配下でいかに差別され、迫害されていたかがわかる。そのため、1830年から始まったフランスによる北アフリカの侵略•植民地化は、そこにいたユダヤ人にとっては「侵略」ではなく「解放」として見られている。「フランスは自由というメッセージを持ってきた」とシュラキは書いている(p.288)。北アフリカのアラブ人の立場からは、まったく受け入れがたい見解である。
 また、画家であり、作家でもあったウジェーヌ•フロマンタン(1820~1876)の『サハラの夏』(川端康夫訳、法政大学出版局、1988)は、シャセリオーと同じ時代のアルジェリア紀行の傑作である。この本の訳注で、訳者はフランソワーズ•ルノドーの『アルジェリアにおけるフランス人歴史』に触れ,アルジェリアについて書いたゴーティエ、フローベールなどの作家、ラフェ、シャセリオーなどの画家の名を挙げたあと、彼女が「フロマンタンだけが別ものだ、彼はアラブ人しか愛していない」と書いていることを紹介している(p.276)。(ちなみに,この『サハラの夏』の訳文はすばらしいものである。)
 シャセリオー展を見て,あちこちに連鎖的に考えることになった。
    (2017年5月7日)

PageTop

草間彌生展を見て

 草間彌生展を観てきました。
好きか嫌いかは別にして、草間作品はどれもすごくインパクトがあり、思わず引き込まれると言うか、少なからず心に影響を受けますね。絵だけで何らかの感情を人に起こさせる、それがインフルエンスする、それだけでもすごい才能だと思います。
 幼い頃から幻覚や幻聴に悩まされてきて、それを何とか解決しようとして、視えるもの聴こえてしまうものを絵に吐き出すことで正気を保つ。。。それはそれは辛い人生ですよね。
 たとえ人からは天才と評価されもてはやされようと、毎日世界がこんなふうに視えてしまう能力と引換に、神様が絵の才能を与えたのなら、一体神様は残酷なのか公平なのか、分からないですね。
 私ならこんな才能要らないから視えないほうがいいと思ってしまいますが、それは凡人の考え方で、天才の思考からすると、どちらも天から授かった能力だからそれを活かさねば、という使命感なり、視えるのがつらいからとかそんな理由付けは関係なしに描かずには居られない衝動なり、またはもっと計り知れない脳の働きがあるのかも知れません。一般庶民には到底分からないことですね。
 第2展示室の若い頃の作品群は、暗く心の苦しみや叫びをそのまま描いたことがストレートに伝わるものが多く、暗い色彩に浮き上がるドキッとさせるもの(顔なのか魑魅魍魎なのか)などが印象に残りました。
 それが、年を経れば経るほど、一見明るく幸せな絵と見紛うほど鮮やかな色彩、鮮烈な手法、斬新で大胆な構図になっていくのにも関わらず、テーマはそれに反比例するかのように益々重く暗く沈んでゆき、頻りに死を意識し、しかも死を暗い悲しいものとだけ捉えるのではなく新しい始まり、または死=愛と言うのか、二つを同列に捉えているのでは?と思える作品もありました。
 多分自殺願望が常にあるんだろうな、魂を削って描いてるんだな、制作中にのめり込んでそのまま死んでしまうんじゃないかな?とこちらが思わず心配したくなるようなタイトルと、あまりに明るく無垢な絵とのギャップが、余計に明るい色彩に潜む暗さや無常感を浮き立たせて鑑賞者にショックを与えるというのか、つい引きずられてしまい、気持ちが弱っている人が観たら共感してふらっと向こうの世界に行ってしまいそうな危うさみたいな、考えさせられる作品が多かったように思います。 
 たとえそういう作者の精神上のバックグラウンドを全てとっぱらって、先入観無しに、単に視覚的なデザイン、色の配置、構図、だけを観ても、ほんとに才能溢れるアーティストなんだなとわかります。
 そのギャップを楽しむも良し、単に溢れる豊かな色彩を楽しむもよし、いろんな見方ができて、想像を掻き立てられる、そういう意味でもやはり後世に残る天才なんだなあと思いました。
 私は、ミロ、ピカソ、カンディンスキー、シャガールなどの影響を作品に感じました。これらはみな私の好きな画家なのですが、それらに似ているからではなく、草間彌生さんの作品はそれらを吸収してなお強烈な個性を放ち独自性を持ちどれも心打たれるものでした。(2017年3月30日)
 

PageTop