FC2ブログ

宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

木村荘八の素描画と「歌妓支度」

 さいたま市のうらわ美術館で、4月20日から6月23日まで、「素描礼讃 岸田劉生と木村荘八」という展覧会が開催されている。借りていた本を返却するために、さいたま市立中央図書館へ行った帰り道、この展覧会を覗いてみた。見ようと思ったのは岸田劉生の絵よりも木村荘八の絵だった。木村の絵は6年前に東京ステーションギャラリーで生誕120周年記念展があったときに見に行ったのだが、連れもいてゆっくりと鑑賞することができなかった。そのこともあり、この展覧会を覗いてみることにしたのである。
 入口を入るとすぐ右側に木村が素描画について書いた文のパネルが架けてあった。その最後の段落には、「思ふに「素描」は基づくところのもの認識如何であって、決して線を引張る方法ではない。認識次第で如何様にも引張れるものが線。その働きが(すなわ)ち素描 (…)」という言葉があった。それは木村の素描に対する考え方を端的に表した言葉であった。パネルの向かい側の壁に架けられた最初の絵。その絵は岸田が木村を描いた鉛筆画であった。岸田と木村は10代から友人であった。1917年作とあるので、木村が24歳のときの絵である。そこに描かれている横顔はエキゾティックな南欧の美青年のようで、独特の魅力があった。だが、この絵と展覧会に飾られている木村の絵とを結びつけて考えることは容易なことではなかった。ハイカラな知的青年と大正、昭和初期の東京の日常風景が描かれた絵との関係は連続的に捉えようと思っても、連続性はどこかで断絶している。そう私には思えたのだ。
 私が木村荘八の素描画と「歌妓支度」について書こうと思ったのは、この断絶性が気になったためである。確かにここに飾られている岸田劉生の絵も興味深いものである。掛け軸に描かれた墨絵、娘の麗子の何枚ものデッサンと水彩画などは初めて見るもので、岸田の多角的な創作世界を考察するための大きな資料となるものであった。しかし私は今述べたように、木村の絵と木村自身がモデルとなった絵との関係性に対して抱いた違和感は何かということをどうしても突き詰めたかったのである。それゆえここでは「木村荘八という画家」、「木村の素描画と東京」、「鏡の中の世界:「歌妓支度」について」という三つの点からの検討を行い、木村荘八の絵画空間の広がりという問題を探究していきたいと思う。
 

つづきを表示

PageTop

『短歌で読むユング』山口拓夢著

ユング思想への新たなアプローチ  
日本におけるユング思想の受容には複数の系譜がある。「精神分析の大家」としての側面を日本での臨床に活かそうとした河合隼雄氏を代表とする研究者たち、コリン・ウィルソンが強調した「神秘思想家・オカルティストとしてのユング」からインスピレーションを得た数多くの作家・批評家たち、以上の2者を両極として、ユングの言説に影響された研究者・思想家・作家・芸術家は数多い。
 山口拓夢氏の著書も上記の「両極」の間にあって、「神話・伝説・物語的叡智、宗教的叡智、の探究者(伝承者)としてのユング」の姿を読者に伝えようとするものだ。
 「短歌で読む○○」シリーズはおそらく「短歌」部分が注目を集めているのだろうが、私は詩歌の素養がないため、「解説」部分にも大きな魅力があるという点についてまずは紹介させていただきたい。
第一の魅力は、ユング思想に興味を持つ者にとって、本書は「入門書の次」に読むにふさわしい情報量を持っているということである。『精神分析入門』『心理学入門』『ユング入門』と名乗る多くの書物は、紹介するユングの著作を2~3冊に絞り込み、簡略化・図式化し解説する点に特長がある。
たしかに、それら入門書はユング思想の概略をつかむには有益だが、「もう一歩踏み込んだ内容」を求める読者には物足りない。その点、『短歌で読むユング』で紹介されるユングの著書は16冊(!)を超え、概ねユングの執筆順に各著作のエッセンスが解説されており、ユング思想の深化・発展の軌跡を追体験できるという点で類書がない。コンパクトなサイズに学術的に濃厚な内容を凝縮しつつも、山口氏の語り口は奇をてらわず読みやすいものなので、入門書ばかりを読んできた読者は長年の渇きを癒されるにちがいない。入門書と専門書をつなぐ一冊として推薦したい。
 
想像力の美術館  
第二の魅力は、本書に掲載された大量の図版である。それら図版の中で、各年代のユングのポートレート(ユングの若い頃の顔は見ものである)、関係者の肖像(フロイトやアドラーを含む)、ユングの著作の各訳書の表紙(日本でのユング受容の歴史のドキュメントである)も興味深いのだが、それに加えて素晴らしいのは、ユングが研究・言及した様々なシンボル・イコンや、ユング思想の理解を助けるために引用されている絵画・図像の図版類が実に豊富で魅力的なのだ。これは凄い。
「内なるアニマ」を解説する箇所で引用されるディートリッヒの写真やセイヤー画「天使像」、「対立物の結合」の解説箇所で引用されるルーベンス画『聖母の被昇天』、ユングが生前は公開を禁じていた「自分の夢の記録」の中に登場する「サロメ」の解説のために引用されるピアズリー画のサロメ像、ユング自身による夢の読み解きに出てくるグノーシス教の生と死の神アブラクサス像(中世写本の挿絵から引用)、東洋西洋に関わらず人類に共通な集合的無意識から生ずる心の全体性の視覚的表現の例としてユング自身が著書に引用した患者の描いた様々なマンダラ、ユングの芸術論中のゲーテ作『ファウスト』に関する記述のところで掲載されているドラクロア画「ファウスト像」など、読者である我々は眺めているだけでもユング思想から文学・芸術へのイマジネーションが広がっていく。これらの図版の選択には、著者の山口氏と相談の上で編集者の方々の貢献が大きいそうだが、著者・編集者の学問・芸術に関する博覧強記ぶりには驚かされる。
圧巻はユングの錬金術研究を解説する箇所で引用される様々な図版である。ユング自身の錬金術への興味は、臨床における患者の「無意識と意識の統合 = より全体性をもった人格を育てるプロセス」を象徴するイメージが錬金術に関する資料に豊富に発見できたところから始まっているそうだ。本書は、ユングの臨床理論を解説するために、ユング自身が著書の中で引用した10個の図像を(明らかに大きなサイズで)引用している。「メルクリウスの泉→王と王女→裸の真実→浴槽の水に浸かること→結合→死→魂の上昇→浄化→魂の帰還→新たな誕生」と題された10個の図像の周囲には、ユング自身の引用の原典である『哲学者の薔薇園』という16世紀の書物の原文(ラテン語やドイツ語)が少し写り込んだ状態で引用されているのだが、引用元となった書物の元の所有者の書き込み(アンダーラインやマーク)が残されており、「どの時代の人がどんな環境でこの図像を見ながら、どのような想像を巡らせたのだろう…」と考えながら眺めることで我々の想像力も数百年の時を越え、「薔薇の名前」的なマニア心を刺激してやまない。
山口氏の前著『短歌で読む哲学史』も、イマジナティヴな図版の数々と痒いところに手が届くような親切な欄外注の魅力が際立っていたので、著者のこだわり・編集者の執念・田畑書店の本作りへの情熱が結びついた好企画・好シリーズなのだと思う。一人でも多くの人に、良書を手に取って頁をめくる喜びを味わってほしい。
 
「短歌で読む」必然性はあるか? 
最後に、私にとって印象深かった「短歌」を紹介して筆を置きたい。
 
「無意識に閉じ込められた願望が神経症や夢に吹き出す(フロイト)」
 「人間は劣等感を乗り越えて自分を磨き社会で輝け(アドラー)」
 「無意識と意識をうまく統合し深みに降りて自己に近づけ(ユング)」
 
 御存知のとおり、フロイトはユングにとっては精神分析の先達であり、一時期は師弟関係にありながらも、フロイトの「性的な欲動に焦点を置いた無意識解釈」についての意見が合わずに2人は決裂している。アドラーはユングより5歳年上であり、これまたフロイトの弟子であったが、フロイト的な「欲動理論」ではなく「自己実現の心理学」を追究するためにフロイトと決別している。
ここで、もう一度上記の3首を見比べてほしい。見事なのは、3首の短歌によってフロイト・アドラー・ユングたちの「無意識」理解の相違点が明快に示されているということだ。このように複数のアイデアの間に入り組んだ影響関係がある場合、山口氏は「短歌」部分において簡潔にして要を得た分析を実現している。したがって、山口氏にとっては、複雑な対象を分析・整理・要約するために「短歌」形式の力を借りる必然性があるのだと推測できる。
 本書を読んで、私個人にとってユングは「歳を取ってから肯ける」ところの多い思想家になった。
 
  「反発しときに手を取る無意識と統合すれば個性化に至る」
 「心とは自分を癒す手掛かりを探し求めてはたらいている」
 「人生が半ばを過ぎて感性が枯渇したときアニマを生かせ」
 「人格の深みからくる呼びかけが自我のひずみを夢で補う」
 「人生が袋小路を抜けるとき共時性かつ偶然が起こる」
 
 以上の5首などを声に出して読むと、抱えている不安や苦しみが複雑すぎて「どれからどのように対処してよいかわからない」状態で日々を生きている大人にとってこそ、「ユングの言おうとしていたことが伝わって来る」と感じる。何度読んでも、その度に味わいが深まる「人生の友」になりそうな一冊である。
(田畑書店 2019年4月25日発行 1500円) 

つづきを表示

PageTop

グザヴィエ•ボーヴォア監督の映画「田園の守り人たち」を見る

 去る2019年5月2日に、私は試写でグザヴィエ・ボーヴォア監督のフランス•スイス合作映画「田園の守り人たち」を見た。第一次大戦中のフランス農村を舞台とするこの映画は、男性がいなくなったフランスの田園・農村の状況を描いている。100年前のフランスの農村での麦蒔き、麦刈り、脱穀、乳搾りなどの情景が展開される。これはまさに「動くミレー」であり、それだけでもこの映画を見る価値がある。
 この映画の原タイトルはLes gardiennes(「レ・ガルディアンヌ」)であり、「守る女たち」という意味である。つまりこのタイトルは、「田園の守り人たち」がまず第一に「女性たち」の行動を描いた映画であって、主役が女性であることを示している。次に、その女性たちが、田園を「守った」ということを示している。田園とは、陶淵明のいう田園であり、農業が行われている場、つまり農場・畑のことであが、それと同時に、あるいはそれ以上に、彼女たちが守ろうとしたのは「家族・家」にほかならない。 実際にこの映画では、舞台となる「家」のイメージが、その家が保有している農場のイメージとともに、極度に反復されているし、さまざまなかたちでの家族の絆が強調されている。その家族の中心に位置しているのが、ナタリー・バイが演じるこの大農家の寡婦オルタンスである。オルタンスの「存在感」の重さがひしひしと伝わってくるのは、この女優のすぐれた演技を引き出したボーヴォワ監督の力量である。
 しかし、「守る」というのは、敵対するものがあって、それに対して「守る」ということである。この映画におけるその「敵」とは、国家にほかならない。国家は、本来は国民を守るものであるが、戦争となると、それは「家族にとっての敵」という側面をあらわにする。ポーランド生まれのイギリスの社会学者ジクムンド・バウマンは、現代の国家・社会が「液状化」したと指摘した。戦争のときには、国家は個人を「戦力」とみなし、兵士として徴集する。国家は、個人・家族を守ってくれなくなるばかりか、その「敵」になる。この映画は、そのような意味での「敵」である「国家」に対して、自分の家族を守ろうとして行動した女性の物語である。
 オルタンスの長男は戦死、次男は戦場に赴いたが、戦後は帰還する。オルタンスの長女の夫はドイツ軍の捕虜になるが、彼も帰還する。オルタンスの「家族」は、崩壊寸前だったのである。彼女の使命は、そのようにして、国家によって崩壊されかかった「家族」を守ることにある。その意味では、この映画を「反戦映画」として見ることも可能であろう。しかしボーヴォア監督は、けっして声高には語らない。戦場の場面もごくわずかしかスクリーンに写されていない。監督は、見る者に密かに語りかけているように思われる。
 この映画のさらなる魅力は、オルタンスが雇った若い女性フランソワーズの存在と行動である。彼女は「田園の守り人たち」のひとりとして、農耕にも、牛たちの世話にも、きわめて有能である。雇われた身であるにもかかわらず、彼女は次第にオルタンスの家族の一員へと変化していく。そのプロセスは、きわめて演劇的・映画的であり、観客は彼女がどういう運命をたどって行くのかと、はらはらせずにはいられないであろう。ボーヴォア監督によるその紆余曲折の描き方は、並のものではない。(2019年5月8日)

つづきを表示

PageTop

瑛九の点描画

 埼玉県立近代美術館での特別展示「瑛九の部屋」は4月14日までの開催であった。春学期が始まろうとしている慌ただしい時期。だがこの特別展示は絶対に見たい。私はそう思った。特別室に展示されている作品は瑛九の代表作である「田園」だけであるのだが、暗室の中で絵に当たっているライトの光度が調整でき、光度の変化に伴い点描によって制作された絵の立体感が変化するという企画は、この絵の持つ様々な側面を浮き彫りにするように感じられたからである。それゆえ私は新学期のための詰まらない準備を一旦完全に放棄して、美術館に向かうことにした。
 この特別室の他にも「瑛九と光春―イメージの版/層」という展示室があり、瑛九の油絵、フォット・デッサン、版画が50点弱と彼が雑誌に書いたテクストが展示されていた。瑛九の作品を十分に見られる訳ではなかったが、コンパクトに上手くまとめられている展示であった。だが何と言っても、注目すべきものは特別室にあった「田園」であった。先程も述べたように、この作品は光度を調節しながら鑑賞ができた。この光度の変化と点描された作品の形態の変化は予想していた以上に私の目を引き付けた。「田園」という絵を中心として瑛九について何かを書きたい。その時そう強く思い、このテクストを書くことにした。 

つづきを表示

PageTop

サリンジャー:エクリチュールの向こう側へ

 僕がこの導入部分を、こんなふうに書き始めたことには、ちょっとした訳がある。訳と言ってもたいした訳ではなく、小さなコメディーと言った方が正確なのだけども。そのコメディーという奴はこうだ。僕は、もうすぐこの近くでは見られなくなるある映画の、多分とてもシリアスだと予想される映画の情報をたまたまキャッチした。上映は朝一回目だけ。そのため僕は早起きをして、髪の毛に櫛を入れ、いつものダウンジャケットをひっかけ、速足で駅に向かい、電車に乗り込み、目的の映画館を目指したんだ。
開演10分前きっかりに目的地に到着。よし、OK。でも、受付のアルバイト野郎は一発お見舞いしたくなるくらい不愛想。それでも、一応、上映ホールの場所を確認するために「ホールはどこですか?」と聞いた。「あっちです」とやはり不愛想にジェスチャーもなく、不親切に答えた。僕は目でホールの方を見た。まずはトイレに行き、携帯の電源を切って、準備万端整えて、席につく。さて、どんなストーリーが展開されるのか。期待と緊張。
 予告編が始まり、いよいよ本篇。「エロスインターナショナル配給」。聞いたことがない配給会社だ。インド映画の予告か。高い山々を上空から撮った風景。ヒマラヤ山脈だろうか。山間部のある村。テレビでクリケットの試合を見る村人たち。パキスタンの勝利。そして口のきけない少女が誕生した。しかし変だ。予告にしては長い。終わるだろう。もうすぐ終わるだろう。だがその期待は、インド映画特有のあの明るく、ダイナミックな、喜びに満ちたダンスシーンが開始されたときに、完全なる絶望に変わった。退室して、正しい上映ホールに向かおうか。でも両端の席は女性客がしっかりとブロックしている。二人とも真剣な眼差しで物語を見ている。僕にはそう思えた。
 こうして僕はインド映画史上世界興行収益第三位の「バジュランギおじさんと、小さな迷子」を2時間39分間見ることとなった。メインキャラクターの女の子は、チャーミングで愛くるしい少女だったけども、見ようと思った映画が見られなかった失望感の大きさにはかなわなかった。例のバイト野郎に本当に一発お見舞いしたかった。でも、奴は僕の怒りに気付いたために、受付から逃走していた。それで、翌日、僕は改めて目的の映画、「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」(以後副題は省略する)を見るために映画館に向かったんだ。二日連続の早起き。春休み期間の新記録更新さ。 

つづきを表示

PageTop