宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

草間彌生展を見て

 草間彌生展を観てきました。
好きか嫌いかは別にして、草間作品はどれもすごくインパクトがあり、思わず引き込まれると言うか、少なからず心に影響を受けますね。絵だけで何らかの感情を人に起こさせる、それがインフルエンスする、それだけでもすごい才能だと思います。
 幼い頃から幻覚や幻聴に悩まされてきて、それを何とか解決しようとして、視えるもの聴こえてしまうものを絵に吐き出すことで正気を保つ。。。それはそれは辛い人生ですよね。
 たとえ人からは天才と評価されもてはやされようと、毎日世界がこんなふうに視えてしまう能力と引換に、神様が絵の才能を与えたのなら、一体神様は残酷なのか公平なのか、分からないですね。
 私ならこんな才能要らないから視えないほうがいいと思ってしまいますが、それは凡人の考え方で、天才の思考からすると、どちらも天から授かった能力だからそれを活かさねば、という使命感なり、視えるのがつらいからとかそんな理由付けは関係なしに描かずには居られない衝動なり、またはもっと計り知れない脳の働きがあるのかも知れません。一般庶民には到底分からないことですね。
 第2展示室の若い頃の作品群は、暗く心の苦しみや叫びをそのまま描いたことがストレートに伝わるものが多く、暗い色彩に浮き上がるドキッとさせるもの(顔なのか魑魅魍魎なのか)などが印象に残りました。
 それが、年を経れば経るほど、一見明るく幸せな絵と見紛うほど鮮やかな色彩、鮮烈な手法、斬新で大胆な構図になっていくのにも関わらず、テーマはそれに反比例するかのように益々重く暗く沈んでゆき、頻りに死を意識し、しかも死を暗い悲しいものとだけ捉えるのではなく新しい始まり、または死=愛と言うのか、二つを同列に捉えているのでは?と思える作品もありました。
 多分自殺願望が常にあるんだろうな、魂を削って描いてるんだな、制作中にのめり込んでそのまま死んでしまうんじゃないかな?とこちらが思わず心配したくなるようなタイトルと、あまりに明るく無垢な絵とのギャップが、余計に明るい色彩に潜む暗さや無常感を浮き立たせて鑑賞者にショックを与えるというのか、つい引きずられてしまい、気持ちが弱っている人が観たら共感してふらっと向こうの世界に行ってしまいそうな危うさみたいな、考えさせられる作品が多かったように思います。 
 たとえそういう作者の精神上のバックグラウンドを全てとっぱらって、先入観無しに、単に視覚的なデザイン、色の配置、構図、だけを観ても、ほんとに才能溢れるアーティストなんだなとわかります。
 そのギャップを楽しむも良し、単に溢れる豊かな色彩を楽しむもよし、いろんな見方ができて、想像を掻き立てられる、そういう意味でもやはり後世に残る天才なんだなあと思いました。
 私は、ミロ、ピカソ、カンディンスキー、シャガールなどの影響を作品に感じました。これらはみな私の好きな画家なのですが、それらに似ているからではなく、草間彌生さんの作品はそれらを吸収してなお強烈な個性を放ち独自性を持ちどれも心打たれるものでした。(2017年3月30日)
 

PageTop