宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

「旅券」を使う美術館 ―地方自治体と公共建築の現在― (下)

■NAGI MOCAの思想

この美術館は「招待客」のための分厚い「旅券」をつくった。この「旅券」は磯崎新による解説を含んでいるが、それを招待状とはしないで、「旅券」にしたことに意味を見いだすべきであろう。つまり、この美術館を訪れるひとは、「外国」から来た遠来の客であり、ここはひとつの異国として考えられているのである。もちろんそれは、この奈義町が、辺境の土地にあるという空間的・地理的なことも意味しているが、それと同時に、あるいはそれ以上に、この美術館そのものが、日常的な世界から遠いところにあって、「旅券」がなければ訪れることの不可能な場所であるということを意味していると見なさなければならない。アクセスの悪さに対して、「旅券」という発想があることに注意しておくべきである。
この発想については、問題がないわけではない。というのは、このような考え方にしたがうと、奈義町現代美術館は、すべてが外に向かってだけ開かれた美術館になってしまい、奈義町の住民のことが無視されてしまうからである。これは、美術館は、市庁舎のような住民に対するサービスと直接に結びつく公共建築物とは異なっていると考えられているために生じてくる問題である。
さてこの「旅券」にも、奈義町現代美術館はルーブル美術館・東京国立博物館のような「かつて設置されていた場所から引き剥がされて、一堂に集められた」作品を展示する第一世代の美術館ではなく、また、ポンピドゥー・センター、ニューヨーク近代美術館のような、第一世代の「権威に反抗する姿勢を持って」、19世紀末からつくられた第二世代の美術館でもなく、「第三世代の美術館」であるとする磯崎新の見解が示されている。
「1960年代以降、現代美術の作家たちはさらに新しい思考をつづけます。平面・立体といった物体の枠を越えて、それらが配置された空間(あるいは部屋)そのものが作品として構成されています。そのような作品を展示する美術館はこれまでありません。そこで、在命中の作家の構想する空間をそのまま建築化して、これをあえて美術館と呼ぶのです。・・・・第三世代美術館。(いわゆるMOCAと呼ばれている施設に、いま断片的にこの傾向が見え始めている)」。つまり、ここではあえて美術館と呼ばれてはいるが、実はいままでの美術館とはまったく違ったものだという一種の「第三世代美術館宣言」がなされていると考えるべきであろう。第一世代の美術館は、王侯貴族のコレクションを出発点としており、第二世代の美術館は、一般大衆に美術作品を展示して見せるものである。ところが第三世代の美術館は、「旅券」に記されているように、「建築家とアーティストが共同制作した空間的作品」そのものにほかならないのである。
このように考えてくると、この美術館の思想が見えてくる。たとえば、東京からこの美術館を訪れるためには、かなりの距離の旅行をしなければならない。通常、観光用のパンフレットなどには、交通の便利なことを強調することがあるが、磯崎新は、アクセスの悪さを、観客がわざわざ足を運ぶことによって、よそでは得られないような体験が与えられるという考え方に逆転させている。(逆にいうと、この美術館の近くに住んでいるひとはどのように考えればよいのかという問題が出てくる)。「辺境」の土地にあるということがかえって意味を持つように考え直しているのである。
 また、この美術館では、荒川修作、宮脇愛子、岡崎和郎という3人の作家の作品を、1点ずつ、しかも永久に展示することになっている。したがって、たとえば「ゴッホ展」というような催しは、この美術館では行なわれない。作品が固定されていても、季節や時間によって、その作品は変化があるはずだというのが磯崎新の考え方であるという。つまり、作品が固定されてしまっているということは、通常は変化がないためにマイナスなものと考えられるのを、磯崎新は作品と美術館の不可分性という考え方に逆転させてしまう。いままでの美術館でも、美術館そのものが変化することはなかったのであり、建築は少なくともかなり長いあいだにわたって不変なものであると考えられている。
磯崎新は、建築の不変性を美術作品の特性のひとつに変換してしまおうと考えたのである。いたるところに見られるこのような考え方の逆転もまた、この美術館の特性であると見ることができるかもしれない。

■建築家と住民の意識の隔たり

私は、以前から磯崎新の建築を同時代の思想との関係のなかで考えてきたつもりである。この奈義町現代美術館においても、磯崎新は単なる「箱」としての美術館を否定しようとした。「箱」としての美術館では、「作品」は一定の順序にしたがって、決められた空間に「展示」され、「鑑賞」されるであろう。それは、作品というものについての秩序の存在を前提としている。しかしここでは、もはやそのような秩序は存在しない。この美術館によって、磯崎新がわれわれに対して示そうとしているのは、いままでの美術館そのものに対する批判にほかならない。したがって、この美術館は、メタ美術館と呼ぶこともできるであろう。
また、この美術館では、作品と美術館が一体化していて、両者を分割することはできない。このような発想それ自体も、きわめて現代的な考え方に基づいている。私が示唆しているのは、作品と美術館との相互浸透、あるいは、重層的構造ということである。実はそれらの概念もすでにしだいに色あせてきたのであって、いま現代思想はどの方向に向かえばいいのかを、暗中模索しているように思われる。同時代の思想に敏感であり、また、逆に同時代の思想に絶えず刺激を与えてきた磯崎新が、世界に向かって発したメッセージがこの奈義町現代美術館にほかならない。そのメッセージを、奈義町とその周辺の地域の住民が、どのように受け取るのかという問題が残されていると私は考える。
そしてこの美術館は、単にこのような思想性の問題だけではなく、地方自治体と公共建築物の関係という問題、さらに、ここで述べてきたような建築家の意識と住民の意識の隔たりという問題をも内包している建築ということができるであろう。
(付記。本稿は「建築ジャーナル」1994年4月号に掲載されたものであり、ここにアップしたのは初出のままである。ここで論じている磯崎新の建築は、きわめて不便なところにあり、しかもその周辺には豊かな自然以外にほとんど見るべきものがない。見るべきものがないために高名な建築家の作品を建てようとしたともいえる。
私はこの論文で磯崎新の批判をしようとしたのではない。地方自治体がどのように自らを運営していくかというプロセスに関心があった。今日、多くの地方自治体が財政難に陥り、そうすると夕張市の例にあるように、まず美術館・図書館を廃止することから始めることになる。奈義町もそうするのであろうか。立派な道路が出来ても、そこに美術館も図書館もないような市町村は、人間の住むところではなくなるであろう。2008年5月26日)

PageTop

「旅券」を使う美術館 ―地方自治体と公共建築の現在― (上)

■辺境のまちと「磯崎新」という記号

奈義町現代美術館は、岡山県勝田郡奈義町の町立美術館である。1994年4月25日に開館が予定されているこの美術館は、たとえば最近刊行された『朝日キーワード 94~95』にも取り上げられている話題の建築であるが、話題になっているのは単にそれが磯崎新によって設計された、きわめて特異なかたちの建築であるからだけではない。いままでの普通の美術館とはかなり異なった考え方でつくられているからである。普通の美術館はしばしば「箱」といわれていて、その入れ物のなかに、何か目玉になるようなヨーロッパの名画を購入したり、また何かひとつのテーマにしたがって、よそから借りてきた美術作品を、一定の期間展示するというシステムで運営される。ところが、この奈義町現代美術館は、そうした既存の美術館とはまったく異なった考え方でつくられ、運用されようとしている。つまりそれは「箱」ではなく、あとで述べるように、美術館それ自体がひとつの作品として存在しているような美術館である。
このような考え方について検討する前に、奈義町とこの美術館の関係について考えてみたい。奈義町は人口8000人弱の山あいの町で、岡山から津山線に乗って、津山で降りたあと、バスでおよそ1時間足らずでこの町に着く。津山まで戻れば、吉田喜重の映画「秋津温泉」の舞台である奥津温泉に行くこともできる。奈義町は鳥取県に接した町で、那岐山の南にあり、自然に恵まれた静かなところである。那岐山はなだらかな稜線をもった美しい山で、奈義町現代美術館を南から見ると、この山がその背後に見えることになる。ただし、美術館の北側には、雇用促進事業団による高層住宅が一棟あって、那岐山の全景は見えない。逆にこの高層住宅に住んでいるひとたちは、いつも南側に磯崎新の建築作品を見ることができる。
しかし、奈義町にはこれといった産業も観光地もなく、宿泊できるところも多くない。そのため、町の「活性化」をめざして、町長を始めとする町の行政にたずさわるひとたちが、何かをしなければならないと考えたのは当然のことであろう。元来この町では、書道美術館をつくる予定であったが、さまざまな事情で、現代美術館を建てることになったと聞いている。そのときに、設計を磯崎新氏に依頼することになったのであるが、それは「磯崎新」という「記号」を用いようとしたからに違いない。大分県の湯布院町では、JR湯布院駅の設計を磯崎新氏に依頼したのであるが、駅にある表示によると、そのためにこの駅の乗降客がかなり増えたということであった。もちろん、湯布院町はその駅だけではなく、そのほかにも見るべき建築物があり、それに何といっても温泉の町であるから、磯崎新という名前だけがひとびとを引き寄せる記号としての価値をもっているわけではない。しかし、建築家の名前と仕事が、魅力をもっていることは確かである。

■まちの「活性化」と公共建築

一般的にいって、地方自治体のさまざまな事業には、共通したいくつかの問題がからんでいる。それは、ここで論じている美術館だけではなく、音楽・演劇のための「文化ホール」の建設についてもいえることである。地方の都市が、莫大な費用を使って建てた音楽ホールが、カラオケ大会にしか使われなくなってしまったというような話はいたるところにある。これは、公共建築物だけの問題ではない。いわゆるリゾート開発についても同じことがいえるはずである。北海道のカナダ村や三重県のスペイン村、新潟県のロシア村など、いまの日本にはいたるところに「異国」がつくられているが、それは、日常的な世界に異国的なものを人工的につくることによって、何とか人を引き寄せようという考え方の表現である。ところが、それらの施設の建築には、地方自治体がからんでくることが多く、美術館や「文化ホール」と同じ問題を抱えている。せっかくつくっても、来る人が少なくて経営難に陥るとういう問題である。
東京新聞(1994年2月25日夕刊)によると、昨年新設もしくは建設中の文化ホールは全国で38あり、43ホールの計画が進行中であるという。それらの公共建築物の建設が、県や市長村の住民のためになっているかどうかは、一概には規定できない。ただし、そうした建築物についての批判の多くは、この東京新聞の記事にも紹介されているような、人口3万人の都市に30億円の費用をかけて文化ホールを建てるといった「身分不相応」が問題とされるのである。最近でも、日本経済新聞(3月7日)によると、1993年に神奈川県平塚市は300億円をかけて市庁舎の新築をしようとしたが、市民団体「フレッシュひらつか21」などの反対によってその計画は凍結されたという。その年の平塚市の一般会計予算は700億円であり、300億円で市庁舎を建設すれば、「行政サービスに支障が出る」という意見が強かったとその記事は報じている。そうすると、人口8000人で、年間の予算が43億円の奈義町に、工費16億円以上の美術館をつくることが、少なくともたいへんな冒険であることが推測できるであろう。もちろん、その建設の費用はすべてを町が負担したのではなく、国からの補助金などが使われたと聞いているが、それにしても、このような建築物は、ただ単に建てればいいというものではなく、その維持・管理に多くの労力が要求されるはずである。したがって、この美術館は、地方自治体と公共建築物の関係という問題を内包しているのであって、単にユニークな美術館ができたといって話題にして終わらせるべきものではない。

■どこにもない「超美術館」

しかし、見方を変えれば、この美術館は、それだけの費用をかけてもつくる価値があるものとして考えられたものであるということになる。つまり、それだけ費用をかけても、あとから十分にそれを回収するだけの価値があると考えるか、あるいは、一切の採算を無視するか、少なくとも軽視して、「芸術」のためには金を惜しまないと考えるかのいずれかである。いずれの場合も、この美術館にそれだけの価値があるのかどうかという問題に戻ることになる。公共建築物の問題は、それを避けてはならないはずである。
そうなると、なおさらこの美術館の特性について考え直す必要があることになる。それによって、初めてその建築の「価値」の問題を考えることができるであろう。「価値」が発見されることがもっとも重要であり、それがあらゆる議論の出発点である。この美術館の特性のひとつは、「日本の現代美術の展示」ということである。つまり、いままでの美術館のように、外国の作品を購入したり、借りてきて展示するという考え方が最初から排除されている。もうひとつは、荒川修作、宮脇愛子、岡崎和郎という3人の作家の作品を「永久に展示する」ということである。(町の住民たちの作品を展示するスペースもあるが、それは広くはない)。
また、磯崎新という建築家の「名前」が大きな意味を持つ建築であるということもつけ加えるべきである。さらに、この美術館が、岡山県勝田郡奈義町という、交通の不便な小さな町の「活性化」のためにつくられたものであるということも忘れてはならない。この美術館には、このような多層的な特徴がある。「BT」(1994年1月号)は、この美術館を「超美術館」として紹介した。この「超美術館」について、一般にもっとも言われているのは、いままでの美術館と異なって、それがよそから借りてきた美術作品を入れるための「箱」ではなく、それ自体がひとつの芸術作品として存在しているという考え方である。
この考え方を知るためには、設計者自身の見解に当たるべきであろう。磯崎新は「奈義町現代美術館コンセプト」(「奈義町現代美術館資料」に収められた磯崎新の談話)の冒頭で、この美術館が「可動性・可変性さえも一切排除したサイト・スペシフィック作品だけの美術館」であると規定している。わかりやすく言い換えれば、よそから作品を持ち込んでくることはなく、作品の展示変えをすることもないということである。そして、磯崎新は次のように述べている。「ほとんど辺境と呼んでいいような岡山県境の町に、観客はわざわざ足を運ばねばならない。そして、この特別に組み立てられた部屋の内部を体験することだけが要請される」。つまり、この美術館は、絶対の存在であり、ほかのものによっては置き換えられないものである。都会からは遠く離れたところにあることそれ自体が、逆にこの美術館のひとつの特性として強調されているのである。「観客」は、自分でその場所に行って、この美術館という作品の存在そのものを直接に体験しなければならない。磯崎新は次のように書いている。「これは美術館の始まりであったコレクションではなく、美術作品がその始原として示していた特性を回復しつつあるといっていい」。美術館は、作品のコレクションを展示する場所ではない、というのがこの建築家の基本的な発想である。この美術館によって、「ミュージアムという制度」が終焉を迎えるであろうとまではいわれていないが、この美術館が既存の美術館を対象化しようとしていることは明らかである。

(つづく)

PageTop