宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

装飾としてのジャック・ラカン

ジャック・ラカンの思想のほとんどは、「語られたもの」の記録である「セミネール」を媒介にしてでなければ知ることができない。ラカンは1981年に亡くなっていて、すでに死後17年が経過しているが、そのセミネールの記録のすべてが読めるわけではない。未刊であった『セミネールXIX』の刊行は2008 年の5月ごろとされていたが、何らかの理由で延期された。未刊行のセミネールについては、いわゆる「海賊判」の存在が知られているが、普通の読者が簡単に読める状況ではない。私は最近ある尊敬する友人に勧められてジョアン・コプチェクの『<女>なんていないと想像してごらん』(鈴木英明、中山徹、村山敏勝訳:河出書房新社、2004年)を買ってきて読んだ。私がコプチェクの論文を初めて読んだのは、Janet Bergstrom編の論文集Endless night,cinema and psychoanalysis,parallel histories,University of California Press、1999に収められた論文「泣くという行為、その発明と反演劇性」であった。(この論文は『<女>なんていないと想像してごらん』に収められている。)コプチェクのこの著作では、ラカンの「セミネールXⅢ」も論じられている。しかし、このセミネールも未刊であり、海賊判を探して読むが、インターネットに頼るほかない。研究所のT君が、検索の方法を教えてくれたが、持主と同じように老朽化した私のPCでは、アクセスできない。ラカンは非常にわかりにくい。しかし、ラカンへの関心は次第に高まっている感じもある。向井雅明は「思想」2008年9月号から「ジャック・ラカンの思想変遷」という論文の掲載を始めた。向井雅明のこのラカン論はきわめてわかりやすい文章で書かれていて有難い。(もちろん疑問の点がないわけではないが、連載が終った段階でコメントしたいと思っている。)2007年に刊行された立木康介の『精神分析と現実界』(人文書院)も、ラカンに関心を持つひとたちのあいだでは高い評価がされている。それは立木康介がラカンにまともにぶつかっているからである。先月のこのブログでアップした「無反応の時代」で、私は岩波書店の「無反応」を批判したが、それと同時に大澤真幸の言説に対する悪口も書いたつもりであった。実際に私はあのブログの文章を読んだひとたちのうちの数人から「大澤さんは本当にそう思っていたのでしょうか」と質ねられた。それは私の知るところではないが、ふくろうが「飛ぶ」のと「鳴く」のでは大違いである。ミネルヴァ書店の一面広告を最近の新聞で見たが、そこでもヘーゲルのことばが引用されていた。その大澤真幸に『逆説の民主主義』(角川ONEテーマ21、2008)という新書版の著作がある。そのなかで大澤真幸は、ラカンの「セミネールVI」に言及している(P.51)。このセミネールは、「ハムレット」を論じたもので、「ハムレットの欲望は、母のガートルードの欲望」であるというテーゼを展開している。ラカンのセミネールのなかでも、私が特に注目しているもののひとつである。(このブログにしばらく前にアップした拙稿「二つの論文の行方」で論じた二つの論文のうち、A・B両氏によって「ボツ」にされた「ラカンの記号空間」は、ラカンのこのハムレット論も重要な材料としている。) しかし大澤真幸はラカンのこのハムレット論の中心からかなりずれた(無関係ではないが)「節約」という論点でラカンに言及する。ラカンは「節約」がマルクス主義経済学で見逃されてきた概念だと指摘しているが、大澤真幸はそのことに限ってラカンを援用している。ラカンを引いてくる必要がどこにあるのか。「装飾としてのラカン」という本稿のタイトルはそのことを言っている。また大澤真幸はラカンのこのセミネールを英訳から引用しているが、実際にはそれは原文の後半を訳したものに過ぎず、しかも重要な部分に欠落がある。京都大学には原文を収めた「オルニカル?」のバックナンバーがあるはずである。大澤真幸はラカンの専門家ではないから、そこまで求めるのは酷であろうが、以前に感じたことで、まだ書いていない「おはなし」を記しておきたい。ラカンの三領域論は、アメリカの哲学者C.S.パースの記号論とつながっていると考えるアメリカの研究者がいる。そうでなくても私はずっと以前からパースに関心を持っていて、1980年代から刊行され始めた年代順のパース著作集(「全集」ではない!)を買い続けているが、この著作集の完成は21世紀の半ばごろになるから、私がその全巻の完成を見ることは不可能である。しかしパースに多少の関心を持つ者ならば、この著作集と少なくとも二巻から成る論文集を手元に置いておかなくてはならない。一昨年に雑誌「大航海」がパース特集号を組んだとき、私がパースに関心を持っていることを知っていたらしい編集長は、私にも論文を依頼してきた。雑誌が発行されて送られてきたので、主なものに眼を通したが、前田英樹の論文がパースの翻訳だけを使って書かれていることを知ってビックリした。前田英樹は丸山圭三郎に師事した優秀な言語学者であり、優れた映画論もある。言語学を専門とする前田英樹がパース論を書くときに翻訳のテクストだけですませるということに、私はどうも納得できない。立教大学にパースの著作集がないわけがないではないか。もっとも最近のアカデミシャンの著作や論文を読むと、読んでもいない著作を参考文献として並べているばかりか、「これについては何々を参照せよ」と偉そうに書いているケースが気になる。「参照せよ」というのは、おそらく cf.の訳語であろうが、「参照せよ!」という命令調は「失礼」ではないかと私は思う。 9月上旬の晴れた日に、横須賀市立美術館に出かけて「ライオネル・ファイニンガー展」を観た。その催しに関連して考えたことがあるので次回に書くことにする。(2008年9月16日)

PageTop

「ゲーテッド・タウン」の幻想

知り合いの青年たち3人と、埼玉県西北部にある秩父の山奥の村から、群馬県の上野村に向かって車を走らせていたことがある。道路はきちんと舗装されていたが、車はほとんど走っていなくて、また人家もまばらであった。夢にも人に逢わないような山道に沿って数軒の家が見えたが、突然にそのうちの一軒から中年の女性が現れて、われわれに手を振るのである。何ごとかと車を止めると、彼女は「この先の橋をいま工事していて通れません」と教えてくれたのである。これが「親切」というものであり、人と人とが触れ合い、「反応」することである。

最近、私はキーホルダーを落としてしまい、あわてて交番に駆け込んだが、幸い親切な誰かが届けてくれていて本当に助かった。しかし交番の警官は、届けてくれた人の「個人情報」を私に教えてはくれなかった。「親切」に「反応」することができない状況が存在している。

産経新聞(9月1日)に、「ゲーテッド・タウン」についての記事が載っている。欧米ではすでに「ゲーテッド・コミュニティ」と呼ばれる住居が1980年代から作られ始め、特にアメリカでは富裕な老人たちの安全な住居として発展しつつあることは、ベルナール・アンリ=レヴィのアメリカ見聞記にも記されている。また日本でも80年代から作られ始め、私も山本理顕が設計した大阪の大規模集合住宅を見に行って、その閉鎖的で安全な構造をどう考えたらいいのかと悩んだことがある。
産経新聞は、いま世田谷や渋谷で作られつつある「ゲーテッド・タウン」の特徴を次のように説明する。「住宅地の周囲をぐるりと高さ2メートル以上の壁や柵で囲い、入口を数ヶ所に限定し、出入りを制限する」とある。これによって「内部の安全性」は確保される。しかしそれは同時に町のなかに「閉鎖空間」を作ることであり、世田谷区では住民による反対運動も始まっているという。富裕な人たちだけが、安全な空間のなかで暮らせる時代が到来したように見える。

実際に私の家にも数回にわたって泥棒が侵入して、家のなかを荒らしたり、また夜中に何者かが庭に入ってきて大きな石で雨戸を壊していったりという事件があった。近所ではセコムとかアルソックといった警備会社に頼んでいるところもあると聞いたので、アルソックの人に来てもらって話を聞いたが、費用がかなりかかることがわかった。泥棒が拙宅から盗んでいった金額の10倍以上の費用を払わないと1年間の安全(どの程度の安全なのか疑問だが)が保証されないことがわかったので契約しないことにした。

「ゲーテッド・タウン」では、確かに「安全」は確保されるだろう。しかしそこの住民は、ゲート(門)の外側の人たちとの交流をすることができない。またゲートの内側の住民相互が互いに「反応」できるとも思えない。「ゲーテッド・タウン」は「無反応の時代」を加速させる装置である。(2008年9月1日)

PageTop

無反応の時代

しばらく前のある新聞の投書欄で、印象に残る意見があった。その投書をした方は、ハイキングのガイドブック(山登りだったこもしれない)を見て出かけたが、どうもそのガイドブックの記述が間違っているらしいので、そのことを出版社に問い合わせた。そうすると担当の編集者から、「近いうちに執筆者といっしょに現地に行って調べます」という返事があったという。投書した人は、出版社がただちに「反応」してくれたことに喜んだのである。。
東京新聞8月12日の「発言欄」に、「理屈っぽい劇評は苦手」という女性の意見が載った。自分が観た舞台と、それについての劇評の差がありすぎ、また劇評そのものが難解でわからないという批判である。すると8月16日の東京新聞には、その劇評を担当している中村義裕氏の「発言」が掲載された。これは読者の批判的な意見に対して、新聞の編集者と演劇評論家がただちに「反応」したケースである。

別のところにも書いたことがあるが、私のひそかな楽しみは、辞書・事典をていねいに読んで、その誤りを出版社に知らせることである。川本三郎氏は、そういう手紙を「鬼首レター」と呼ぶのだと教えてくれたが、かつて私はかなりの「鬼首レター」の筆者であった。しかしこの「鬼首レター」によって私は、辞書・事典の編者の方々や編集者と知り合い、時には「執筆協力者」として私の名前を辞書に記して下さった編者の方もいる。少なくとも10年前まではそうした「反応」は当然のことであった。

ところが、最近になってどうもそういう「反応」がにぶくなってきたように思える。ピーター・ゲイは、アーネスト・ジョーンズの『フロイト伝』に代わる価値があるとされる『フロイト』(鈴木晶訳、みすず書房)の著者であり、四巻から成る『ブルジョアジーの経験』も重要な著作である。そのうちの一冊『快楽戦争』(富山太佳夫他訳、青土社)が訳出されたとき、私はすぐに買い求めて読んだが、その途中いくつかの誤記や誤訳ではないかと思われるところがあったので、青土社の編集者で、「旧知の」(私がそう思っているだけかもしれない)N氏あてに、少なくとも10回にわたって手紙・葉書を出したが、何の返事もなかった。訳者の富山氏からも連絡がなかったが、一度会ったことのある富山氏はきわめて礼儀正しい方であり、これはN氏から富山氏に連絡がなされていないと推測するほかはなかった。
それ以上に納得がいかないのは岩波書店のばあいである。大澤真幸氏の『不可能性の時代』(岩波新書)はたいへん面白い本であった。現代のさまざまなテクストを読み解いていくその方法にはたいへん感心した。その「あとがき」で著者が「ミネルヴァのふくろうは夕暮に鳴く」と書いているところで、私はこれはおかしいなと感じた。私はこういうこまかいところが気になる。「ミネルヴァのふくろうは夕暮に飛ぶ」ではないのか。私はその「愚問」を岩波新書編集部に送ったが、「ナシノツブテ」であった。
以前はそんなことはなかった。かなり前のことになるが、岩波文庫のベルクソンの訳について愚問を呈したところ、編集部のTさんという女性からていねいなお返事をいただいたことがある。岩波書店もかなり忙しく、人手不足になったのであろう。私といっしょに研究会のメンバーであったCさんは、切手を貼った返信用の封筒を添えて岩波書店に質問状を出したが返事がなかったという。いまや「無反応の時代」が来たのである。(2008年9月1日)

PageTop