宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

フーコー読書会報告

 宇波彰現代哲学研究所の主催によるフーコー『言葉と物』読書会(第3回)が、8月30日(火)、31日(水)の二日にわたり開催されました。駅からバスで20分ほどの奥湯河原の閑静な温泉宿を会場とし、のんびり温泉につかったり、おいしい料理を頂いたりしてリラックスしながらも、しっかりとした議論が展開されました。
 今回は、主に古典主義時代を対象とする第1部を読み終え、近代が問題となる第2部に入りました。すなわち、第6章「交換すること」(一部)、第7章「表象の限界」、第8章「労働、生命、言語」(一部)を読みました。ここでは、古典主義時代から近代への転換期が問題となります。
 この転換は、突然に起こったとフーコーはいいます。しかし、なぜ突然に変化するのかという問いには回答を用意していません。知の考古学にとっては、この転換は、分析の対象ではあるとしても、説明の対象ではないからです。考古学は、「いかにして」という問いに答えようとはしますが、「なんで」という問いには答えてくれません。なので、歴史についても「なんで」という問いを立てがちな私にとっては、少々モヤモヤとしたものが残ってしまいます。
 ちょうど今回は、古典主義時代と近代のエピステーメーを対照することで、「表象」のあり方を自分なりには明確なものとすることができました。古典主義時代におけるいては、物の体系は表象それ自身のうちに根拠をもっていたが、近代に入るとこの表象は「外部から支配され」ます。言わば、表象(の体系)の自立性が失われ、表象が表象だけで完結しなくなるのです。そこに登場するのが、欲望あるいは人間です。今回は、まだ近代の導入部ということで予告的に扱われているだけで、人間は次回以降のテーマとなります。
 私の感想としては、表象の自立性(それとも自律性か?)という視点で古典主義時代を再検討する必要を感じています。今までは個別の論点を追うので精一杯でしたが、総括的な観点から、第1部を読み直してみようと思っています。最後になりましたが、参加されたみなさん、お疲れさまでした。次回もよろしくお願いします。(千葉義仁記す)

PageTop

フーコー『言葉と物』読書会のご案内

この読書会は宇波彰先生を中心とした、「楽しく、おおらかに、厳しく」をモットーとする合宿形式の読書会で、今回が第四回目です。一応フランス語原書をベースに討議をしますが、フランス語の習得の程度は特に問いません。ただし、「入門書」で仕入れた知識で、何ほどか発言、質問しようとする方はお断りです。あくまでも自分の思考に沿って、発言する方を歓迎します。参加ご希望の方は下記までメールにてお申し出ください。
吉沢 明meisan46@kind.ocn.ne.jp
  
【概要】
対象読解箇所:ミシェル・フーコー『言葉と物』(渡辺一民訳 新潮社版)第八章-最後まで
日時:11月5日(土)15:00~21:30、11月6日(日)9:30~15:30
会場:中野・変革のアソシエ(詳細は下記をご覧ください)

■会場の詳細
〒164-0001
東京都中野区中野2丁目23番1号
ニューグリーンビル3階309号室
電話:03(5342)1395
JR線、地下鉄東西線「中野」駅南口下車徒歩3分
南口改札を出て左方向へ。交番の裏の坂道をのぼり、
線路脇の道を新宿方向へ歩き、ドトールコーヒー店
左側玄関より入る。

PageTop

月例読書会のお知らせ

いつも当研究所のブログをご覧頂きありがとうございます。
9月28日(水)14時45分より、明治学院大学白金キャンパス1558教室において、
明治学院大学言語文化研究所様が主催されます、
首席フェロー宇波彰による月例読書会「記号哲学講義」が行われます。

参考URL:
http://www.meijigakuin.ac.jp/~gengo/bookclub/index.html

今回のテーマは「ラカンと他者」を予定しております。

参加費は無料です。
関心のある方はぜひご参加ください。

参加を希望される方は当日教室まで直接お越しください。
お問い合わせは上記URL、明治学院大学言語文化研究所様か、
当ブログコメント欄までご連絡いただきますようお願いいたします。

PageTop