宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

書評 ディディ=ユベルマン、江澤健一郎訳『イメージの前で』(法政大学出版局、2012年)

 ディディ=ユベルマンは、1953年生まれのフランスの美術批評家である。1990年に刊行された本書は、著者の若い活力を感じさせる力作である。なぜ力作といえるのか。それはディディ=ユベルマンが、美術史もしくは美術批評におけるパラダイム転換を提示しているからである。
 どういうパラダイム転換か?転換を求められた過去のパラダイムは、ヴァザーリから始まり、パノフスキーにおいて頂点に達したかに見える系譜にあり、そこにはカント、カッシーラーという理論的支柱が背後にあると著者は説く。このパラダイムの特性は、本書の第3章のタイトルに含まれている「単なる理性の限界」の内側にあるということである。この領域を支配しているのは、ミメーシス(模倣)の論理であり、美術作品というシニフィアンには、実在・現実というシニフィエが対応しているという前提である。例えばフェルメールの「デルフト風景」は、現実に存在していたはずのデルフトの風景との同一性・差異性が論点となって解釈され、鑑賞される。
 ディディ=ユベルマンは、それとはまったく異なるパラダイムを提示する。美術史もしくは美術批評において、「更新された問題設定、つまり理論的な転換」(p.50)が求められた。新たなパラダイムの理論的支柱は、フロイト、ラカンであり、キーワードは「徴候」である。カント、カッシーラー、パノフスキーが作り上げたパラダイムでは、「見えるものの専制」(p.80)が支配していたが、ディディ=ユベルマンが提示する新たなパラダイムでは「表現されないものの解明」(p.276)が要求される。
 それでは「表現されないもの」(l'inexprime)とは何か。その例はディディ=ユベルマンが、フラ・アンジェリコの「影の聖母」の下半分において発見した「色斑の投擲」(p.339)である。原文はjet de taches coloreesであり、「色の付いたシミの噴射」でもある。このような「支持体に投げつけられる絵の具」(p.337)を、カッシーラー、パノフスキーは見ることができない。それを見ることを可能にしたのは、フロイト、ラカンの思想である。この新しいパラダイムによって、フェルメールの「レースを編む女」に存在する「赤い絵の具の流出」(une coulee de painture rouge)が見えてくる(p.421)。
私にとって『イメージの前で』は、興奮させるような魅力に溢れた著作でああった。江澤健一郎の翻訳は、すみずみまで配慮の行き届いたすぐれた仕事である。(2012年4月13日)

PageTop

ジャン=ミシェル・パルミエのベンヤミン論について

 2011年の秋から2012年初頭にかけて、パリのユダヤ美術・歴史博物館で開かれたベンヤミン展については、すでにこのブログで報告した。そのカタログともいえる『ヴァルター・ベンヤミン・アーカイブス』(Walter Benjamin.Archives,Klincksieck,2011、これはドイツで2006年にSuhrkampから刊行されたもののフランス語訳が基本になっている)の「はしがき」の注に、「ベンヤミンの伝記と、彼の思想の構築については、ジャン=ミシェル・パルミエの『ヴァルター・ベンヤミン』(Jean=Michel Palmier,Walter Benjamin,Les Belles Lettres,2010)を参照してほしい」と記されてある。
 J=M.パルミエ(1944~1998)は、現代ドイツ思想の研究者として知られた著名なひとである。このベンヤミンの評伝には、フロラン・ペリエ(Florent Perrier)による注と参考文献リストが付されている。(ペリエは、すでに言及した『ベンヤミン・アーカイヴス』のフランス語版の編者である。)以下に、本書についての簡単なコメントをしておきたい。
 パルミエは、ベンヤミンの思想そのものについて深い考察をしているのではないが、ショーレム、アドルノ、カール・シュミット、エルンスト・ブロッホといった彼とかかわりのあった思想家たちについて、ていねいに情報を提供している。フロラン・ペリエによる注も非常に詳しいもので、ペリエがいかにベンヤミン研究に打ち込んでいるかが推測されるでけでなく、これを読めば、フランスにおけるベンヤミン研究の状況の一端がわかるであろう。
 ペリエによる注も含めて、本書には私の知らなかったことが多く含まれている。例えば、ベンヤミンに影響を与えたとされているハーマンについて、クロソウスキーに研究書が二冊あることを私は見逃してていた。画家バルチュスの兄であるクロソウスキーは、ベンヤミンの論文のいくつかをフランス語に訳したことでも知られている。
 ベンヤミンは、1924年にカプリ島に行き、そこでアーシャ・ラティスと知り合うが、そのころ彼はフランス右翼の組織アクシオン・フランセーズの機関紙を講読し始める。ベンヤミンはそれによって当時の政治情勢を知ろうとして読み始めたのだと私は理解していたが、パルミエによると、ベンヤミンの関心の対象であったプルーストとかかわりのあったレオン・ドーデ(アルフォンス・ドーデの息子で、右派のひと)の文章を読みたかったからでもあるという。
 なお、著者のパルミエには、1970年に書いた『ラカン』があり、これは1977年にせりか書房から岸田秀訳で刊行されている。(2012年4月6日)

PageTop

月例読書会のお知らせ

4月25日(水)14時45分より、明治学院大学白金キャンパス1558教室において、
明治学院大学言語文化研究所様が主催されます、
首席フェロー宇波彰による月例読書会「記号哲学講義」が行われます。

参考URL:
http://www.meijigakuin.ac.jp/~gengo/bookclub/index.html

今回のテーマは「同一化論3」を予定しております。

参加費は無料です。
関心のある方はぜひご参加ください。

参加を希望される方は当日教室まで直接お越しください。
お問い合わせは上記URL、明治学院大学言語文化研究所様か、
当ブログコメント欄までご連絡いただきますようお願いいたします。

PageTop