宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

ラカン読書会(3月16日、17日)の中止(延期)のお知らせ

今回のラカン読書会は、残念ながら下記の事情により両日の実施は中止(延期)とさせていただくことになりました。
というのは、新聞報道でご存知だと思いますが、山口昌男氏が亡くなられ、今週の15日(金)、16日(土)に通夜、告別式があり、その関係で同氏の親友である宇波彰先生のスケジュールの確保が難しくなったためです。

一応、17日(日)だけの開催も検討しましたが、地方からの参加の方を考えると、中途半端の面もあるので、今回の実施は中止(延期)といたしました。ご了解ください。

ただし、あくまで一時的な延期なので、「4月、ないし5月の土、日の二日間」という条件で実施したいと思います。決まり次第早急に実施期日をお知らせします。

以上、よろしくお願い申し上げます。

(吉沢記)

PageTop

月例読書会のお知らせ

3月27日(水)14時45分より、明治学院大学白金キャンパス1557教室において、
明治学院大学言語文化研究所様が主催されます、
首席フェロー宇波彰による月例読書会「記号哲学講義」が行われます。

参考URL:
http://www.meijigakuin.ac.jp/~gengo/bookclub/index.html

今回のテーマは「ラカンにおける欲望と存在」を予定しております。

参加費は無料です。
関心のある方はぜひご参加ください。

参加を希望される方は当日教室まで直接お越しください。
お問い合わせは上記URL、明治学院大学言語文化研究所様か、
当ブログコメント欄までご連絡いただきますようお願いいたします。

PageTop