宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

第8回ラカン読書会のご案内

期日:12月6日(土)15:00‐21:30、12月7日(日)10:00‐16:00
会場:駒澤大学駒沢キャンパス本部棟6階中会議室2
   http://www.komazawa-u.ac.jp/cms/campus/c_komazawa2
   田園都市線駒沢大学駅下車徒歩約15分
会場費:無料

テキスト:
1)ラカン『Autres ecrits 』所収「ローマ講演」
2)ラカン『エクリ』(1966年度版)所収「ローマ講演」(通称)「精神分析におけるパロールとランガージュの機能と領野」
1)に関しては「東京精神分析サークル」ホームページ掲載の向井雅明訳を使用
2)に関しては、本会の有志6名による邦訳を使用
参加希望の方は、吉沢meisan46@kind.ocn.ne.jpまでご連絡ください。邦訳テキストを添付ファイルでお送りします。

読書会の方法:
12月6日(土)15:00‐18:00『Autres ecrits 』「ローマ講演」1/2
12月6日(土)19:00‐21:30『Autres ecrits 』「ローマ講演」2/2
12月7日(日)10:00‐12:30『エクリ』「ローマ講演」の「前書きPreface」 および 「序文Introduction」
12月7日(日)13:30‐16:00『エクリ』「ローマ講演」(「パロールとランガージュの機能と領野」)の 第1章
1テーマ3人発表制に基づいて発表(発表の内容、形式は各自の自由、持ち時間30分/人)。4テーマ×3人=12人(発表者)

参考:原文のインターネットからの入手方法
1)『Autres ecrits 』「ローマ講演」
http://www.psychaanalyse.com/pdf/lacan_bibliographie_livre_Autres_Ecrits.pdf
PDF版『Autres ecrits』の原書ページP133-P164、 印刷ページP123-P153
2)『Ecrits』(1966年度版)「ローマ講演」
www.clas.ufl.edu/~burt/Lacan.pdf
PDF版『Ecrits』 の原書ページP206-P268、印刷ページはP214- P285
注)『Ecrits』のフランス語原文は、1953年度版はインターネットで入手可能ですが、改訂された1966年版はインターネットでは公開されていません。原文希望の方は、上記のアドレスまでご連絡ください。

PageTop