宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

小林清親展を見る

 去る3月11日に、町田市立國際版画美術館で、「清親 光線画の向こうに」を見た。小林清親(1847~1915)の作品を年代順に追うことのできる展示である。清親は浜名湖西岸の新井の関所で働いたり、その近くの鷲津の農家の娘と結婚するなど、静岡県と多少のつながりがあり、静岡県立美術館には、彼の多くの作品が収められていると聞く。また、私は1998年に静岡県立美術館で開かれた「明治の浮世絵師 清親」展に行き、そのときに求めた図録が手元にある。
 今回、町田で開かれた清親展で、私が特に注目したのは、「田母野秀顕君之肖像」である。図録に収められている岩切信三郎の解説を引用するならば、この作品は「奇跡的に」この美術館に収められているのだという。この肖像画は、「福島事件」で「国事犯」とされた人物を描いたものである。岩切信三郎のことばを引用するならば、「福島県令三島通庸が、自分の方針を批判し従わない自由党員を弾圧し、河野広中、田母野秀顕、平嶋松尾等6名が政府転覆の国事犯として投獄された」のが福島事件の結末であるが、小林清親は、その「国事犯」のひとり田母野秀顕の肖像を描いたのである。版元の原胤昭は、軽禁固3月、罰金の刑を科された。これは、明らかな言論弾圧である。その当時の小林清親が、出版元の原胤昭とともに、きわめて先鋭な反権力的意識を持っていたことを示している。岩切信三郎の言うように、これは「自由民権運動の資料」であるが、それと同時に、小林清親の作品の政治的なものが見えている。彼は伊藤博文など当時の政治家の風刺画も描いている。現代の「言論弾圧」の時代に、彼らから学ぶべきことが多い。
 この展示は「清親 光線画の向こうに」というタイトルである。「光線画の向こうに」ある、1880年代の清親の政治性、反権力的立場、反骨の思想が明確に示された、高い価値のある展示である。(2016年3月14日)

PageTop

第5回東京精神分析サークル主催コロックのお知らせ

201603051222492b8 (453x640)

この度、東京精神分析サークルでは、昨年に引き続いて「東京精神分析サークル主催コロック」という講演会を開催します。

「第5回東京精神分析サークル主催コロック」
期日:2016年3月20日(日)
時間:10:00-18:00(9:30開場)
場所:早稲田大学戸山キャンパス36号館382教室(AV教室2)
https://www.waseda.jp/top/access/toyama-campus
共催:早稲田大学文化構想学部表象・メディア論系

今年度のコロックは、昨年度を上回る最多の登壇者をお迎えし、バラエティ豊かなプログラムとなりました。
第1部は実際に分析主体として精神分析を経験した方が自分の分析経験について語るという、わが国では類を見ない内容です。
第2部は、精神分析において欠かせない「歴史=物語(イストワールhistoire)」の問題について、『エクリ』出版から50周年の現在に改めて迫ろうとするものです。
第3部では、昨年から今年にかけて出版された精神分析関連の新著についての検討会です。松本卓也『人はみな妄想する』(青土社)、牧瀬英幹『精神分析と描画』(誠信書房)、向井雅明『ラカン入門』(ちくま学芸文庫)、ソニア・キリアコ『稲妻に打たれた欲望(仮題)』(向井雅明監訳、誠信書房近刊)が扱われます。

参加費無料、事前登録なしでどなたでもご参加いただけます。
広く精神分析にご興味をお持ちの皆様は、どうぞお気軽にご参加ください。
学部生や院生の方のご参加も大歓迎です。

詳細なプログラムについては以下をご覧ください。
また、東京精神分析サークル公式ホームページでもご案内を配信しています。
http://psychanalyse.jp/
――――――
プログラム

10:00 開会の辞

第一部「分析経験を語る」

10:15 田中和孝「精神分析という夢と現実」
10:45 結城美帆子「声楽家であり、ピアノと声楽の指導者であり、自閉症児の音楽療法をしている私の分析経験」
11:15 中野正美「"Analysant"ということ:分析経験について語る」
11:45 質疑応答

12:10 昼休み(60分)

第二部「イストワールの問題:『エクリ』から半世紀を経て」

13:10 小長野航太「精神分析の「歴史」のはじまりと「物語」としての欲動」
13:40 河野一紀「ひとつではない精神分析」
14:10 質疑応答

14:35 休憩(10分)

第三部「書評セッション」

14:45 松本卓也「ラカン理論と創造性:『精神分析と描画』について」
15:15 牧瀬英幹「精神分析における「不可能性」の問題:『人はみな妄想する』について」
15:45 片岡一竹「出来事と主体:『ラカン入門』について」
16:15 休憩(10分)
16:25 向井雅明「ケースの構築:トラウマの精神分析」
16:55 十川幸司「精神分析を再起動させるために」
17:25 全体討議(30分)

18:00 閉会の辞(10分)

なお、19:00より近隣にて懇親会を予定しております。


(文責:片岡一竹 東京精神分析サークル会員)

PageTop