宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

閉ざされた正義論―トッド理論の暗点について

 エマニュエル・トッドの『シャルリとは誰か?』(原書はQui est Charlie?, Édition du Seuil, 2015) が今年の1月後半に文藝春秋社から発刊されて以降、この本に対する評価が日本で高まっている。目についたものだけでも、鹿島茂が毎日新聞に書いた書評、柄谷行人が朝日新聞に書いた書評などがあり、思想家や研究者がトッド理論を熱心に解説し、彼の意見に多かれ少なかれ賛同している。それと同時に『週刊文春』などの大衆誌においても、3月17日号では「世界の知性」と形容されたトッドのインタビューが掲載され、4月28日号には「日仏の知性がスカイプ」と銘打たれた池上彰との対談が掲載された。
  確かに、『シャルリとは誰か?』という本の中でトッドはフランス現代社会に対する示唆に富んだ多くの考察を行なっている。たとえば、大規模な社会調査に基づくバリエーションのある統計資料の学術的分析、宗教的動向と政治的動向との関係性に注目した興味深い指摘、潜在的に残っている西洋中心主義に対して警鐘を鳴らした現状分析の提示などいくつもの優れた点を挙げることができる。だが、こうした長所についてはすでに多くの書評の中で何度も語られており、それを繰り返し語ることに大きな意味は見いだせないだろう。それゆえ、ここではこの本のいくつかの暗点を指摘していきたい。それは大きく分けて、(1) 調査方法、(2) 自由と平等の概念、(3) 反グローバリズムの解釈、(4) 日本での過剰評価という四つであるように思われる。この四つの問題点を以下のセクションで順次検討していく。

つづきを表示

PageTop