宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

重層的イデオロギー構造の考察

 このテクストで考察したい対象は言語に関する問題ではないが、最初に言語学的概念について触れる必要がある。その理由は、ここでは言語学の分析装置として用いられるいくつかの概念に基づいてイデオロギー的様相 (とくに現代の日本における様相) を分析しようと思うからである。この考察のために以下に述べる三つの導き糸を用いたい。一つ目は今触れた主要分析装置としての言語学的概念であり、後続する探究ではまずこの分析装置について説明する。二つ目は今年の10月に発刊された下斗米伸夫氏の『神と革命:ロシア革命の知られざる真実』(以下ではサブタイトルは省略する) の中で示された考察視点であり、三つめはルース・ベネディクトが『菊と刀』の中で示した考察視点である。この三つの導き糸を通して、イデオロギーの重層性と日本の現代のイデオロギー的様相を考察していくという展開図が、このテクストの大まかな構成である。しかし、分析を始める前にもう一つだけ注記しておかなければならない点がある。それは私自身の研究分野は言語学及び記号学であって、政治学、歴史学、文化人類学、社会学といった学問分野は完全に専門外であるという点である。ではなぜ専門外でありながらも、歴史、政治、社会、民族といった分野と深く関係するイデオロギーという問題を取り上げ、探究するのか。それはここで用いる言語学的概念が他の学問分野の分析にも十分に有効であるにも係わらず、今迄誰もこうした考察を行っていないからである。それゆえ、政治、歴史、社会、民族に関する専門家からすれば一般的ではない考察をこのテクストの中で行う可能性は高い。だが、ここでの探究はあくまで言語学的分析装置 (それは記号学の分析装置でもあるが) に基づき、選択されたある政治・歴史・社会・民族的対象を考察した場合にどうなるかということに重点が置かれている。この点を最初に強調しておく必要があるのだ。だが前置きはこのくらいにして、具体的な探究を開始しよう。

つづきを表示

PageTop