FC2ブログ

宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

サリンジャー:エクリチュールの向こう側へ

 僕がこの導入部分を、こんなふうに書き始めたことには、ちょっとした訳がある。訳と言ってもたいした訳ではなく、小さなコメディーと言った方が正確なのだけども。そのコメディーという奴はこうだ。僕は、もうすぐこの近くでは見られなくなるある映画の、多分とてもシリアスだと予想される映画の情報をたまたまキャッチした。上映は朝一回目だけ。そのため僕は早起きをして、髪の毛に櫛を入れ、いつものダウンジャケットをひっかけ、速足で駅に向かい、電車に乗り込み、目的の映画館を目指したんだ。
開演10分前きっかりに目的地に到着。よし、OK。でも、受付のアルバイト野郎は一発お見舞いしたくなるくらい不愛想。それでも、一応、上映ホールの場所を確認するために「ホールはどこですか?」と聞いた。「あっちです」とやはり不愛想にジェスチャーもなく、不親切に答えた。僕は目でホールの方を見た。まずはトイレに行き、携帯の電源を切って、準備万端整えて、席につく。さて、どんなストーリーが展開されるのか。期待と緊張。
 予告編が始まり、いよいよ本篇。「エロスインターナショナル配給」。聞いたことがない配給会社だ。インド映画の予告か。高い山々を上空から撮った風景。ヒマラヤ山脈だろうか。山間部のある村。テレビでクリケットの試合を見る村人たち。パキスタンの勝利。そして口のきけない少女が誕生した。しかし変だ。予告にしては長い。終わるだろう。もうすぐ終わるだろう。だがその期待は、インド映画特有のあの明るく、ダイナミックな、喜びに満ちたダンスシーンが開始されたときに、完全なる絶望に変わった。退室して、正しい上映ホールに向かおうか。でも両端の席は女性客がしっかりとブロックしている。二人とも真剣な眼差しで物語を見ている。僕にはそう思えた。
 こうして僕はインド映画史上世界興行収益第三位の「バジュランギおじさんと、小さな迷子」を2時間39分間見ることとなった。メインキャラクターの女の子は、チャーミングで愛くるしい少女だったけども、見ようと思った映画が見られなかった失望感の大きさにはかなわなかった。例のバイト野郎に本当に一発お見舞いしたかった。でも、奴は僕の怒りに気付いたために、受付から逃走していた。それで、翌日、僕は改めて目的の映画、「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」(以後副題は省略する)を見るために映画館に向かったんだ。二日連続の早起き。春休み期間の新記録更新さ。 

つづきを表示

PageTop