FC2ブログ

宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

青春の書としての『資本論』

資本論は私にとって青春の書である。「資本論を読んでいない頭は子供の脳である(中江丑吉)」という意見もあるくらいだが、すくなくとも私にとって資本論は青春の書であったし、いまでもその認識は変わらない。
一年間の自宅浪人をした後に明治大学政治学科に合格した。合格発表を見たすぐその足で神田神保町に行って、向坂逸郎訳岩波書店発行の大型本の『資本論』を買い求めた。それから帰省して4月7日の大学の入学式に出席するため上京するまでの約40日間、故郷の自宅で資本論だけを読み続けた。一日約10時間40日間読み続けたので合計400時間くらいを資本論読書に費やした勘定になる。資本論を読んでいる間に19歳の誕生日を迎えた。3月13日が私の誕生日であった。
資本論は気迫を込めて三度読みを実行した。資本論全三巻の内、第一巻と第二巻はその三度読みによって完全に理解したと思ったのだが、時間切れで第三巻まで読み進めることはできなかった。しかしこの第三巻こそは資本論の核であり中枢である。中江ではないけれども資本論第三巻を理解できていない間は子供の脳であ...るということはたしかであろう。資本論は私の青春の書であると最初に述べた。しかし資本論第三巻を完璧に読み終えて理解できてはじめて子供の頭脳を卒業し大人の頭脳に成長できるのだと私は思っている。
蛇足だが、時事問題にさして興味が持てない理由は、こういう課題を私は抱えているからである。

※参考:向坂逸郎訳『資本論』第三巻冒頭の文章の引用※
「第一巻では、それ自体として見られた資本主義的生産過程、すなわち、外的事情の副次的影響は、すべてまた度外視されて、直接的生産過程としての資本主義的生産過程が呈示する諸現象を、研究した。しかし、この直接的生産過程は、資本の生涯の全部ではない。それは現実の世界では、流通過程によって補足されるのである。
この流通過程が、第二巻の研究の対象をなした。そこでは、とくに第三篇で、社会的再生産過程の媒介としての流通過程の考察に際して、資本主義的生産過程は、全体としてこれを見れば、生産過程と流通過程との統一であることが示された。
この第三巻のかかわるところは、この統一について、 一般的反省を試みることではありえない。肝要なのは、むしろ、全体として見られた資本の運動過程から生ずる、具体的な諸形態を発見し、説明することである。
その現実の運動においては、諸資本は、直接的生産過程における資本の態容と流通過程における資本の態容が、ただ特殊の因子として現われるにすぎないような、具体的な諸形態において、相互に相対している。
したがって、われわれが、この巻で展開するような資本の諸態容は、社会の表面に現われ、種々の資本の相互に相対する行動、すなわち、競争のうちに現われ、そして生産担当者自身の普通の意識に現われるときの形態に、 一歩一歩近づくのである。」

(2020年5月20日)

PageTop

対話と教室――パオロ・ジョルダーノ『コロナの時代の僕ら』を読んで

 ベタな前口上から始めよう。これから述べることは2020年、今まさに全世界的に流行している新型コロナウィルス(COVID-19)に関連する内容だが、ここで述べられることは個人の見解であり、筆者の所属する組織の見解などとは一切関係がない。……と言っておけば何を言っても許されるというわけでもないが、なにぶん進行中のことでもあるので必要だろう。
 少し前に話題になった本の話をしよう。その本とはイタリア人作家パオロ・ジョルダーノ(1982年- )によるエッセイ集、『コロナの時代の僕ら』(原題:Nel contagio)である。この本は2020年2月末から3月頭にかけて著者が書き下ろしたエッセイ27本をまとめたもので、日本語版(2020年4月24日早川書房より発売)には2020年3月20日付の『コリエーレ・デッラ・セーラ』紙に掲載された著者の記事「コロナウィルスが過ぎたあとも、僕が忘れたくないこと(Quello che non voglio scordare, dopo il Coronavirus)」があとがきとして追加されている。なお、日本では緊急事態宣言が出てから最初の週末である2020年4月10日19時から48時間限定で早川書房のwebサイトにて全文読むことができた。その後、この記事を書いている2020年5月14日現在でも、少なくとも著者あとがき(先述の新聞記事)のみは全文を読むことができる。
( https://www.hayakawabooks.com/n/nd9d1b7bd09a7
 
 著者について詳しいわけではないし、これを機に著者の他の作品を読むということもしていないため、前置きはこのくらいにして、後はこの状況において本稿の筆者が思ったことを備忘録的に書いていこうと思う。まとまりがないことはご容赦いただきたい。 

つづきを表示

PageTop

ミテフスカ監督の映画「ペトルーニャに祝福を」を見る

 かなり時間が経過してしまったが、去る2020年1月14日に,私はミテフスカ監督の映画「ペトルーニャに祝福を」(2018年)を試写で見た。北マケドニア、フランス、ベルギー、クロアチアの合作映画である。ヘミングウェイに「Men without women」という作品があり、「男だけの世界」と訳されている。この映画は、「男だけの世界」であると規定されていたらしいキリスト教の行事に、ペトルーニャという女性が「侵入」するという物語である。
 聖なる川に青年たちが入って、司教が投げ込む小さな木の十字架を競って取ろうとする。そこへペトルーニャが突然に参入し、その十字架を手にする。さてどうなるか?彼女はフェミニズム思想の宣伝をする人ではなく、普通の女性である。年は30を越えたが、仕事がなく、その日も就職活動にでかけでいた。彼女を送り出した母親は「年は24というのだよ」と教える。しかし、縫製工場で秘書の仕事を求めた彼女の「就活」はうまくいかなかった。もっとも、面接の失敗が、十字架奪取という彼女の行動と繋がっているわけではない。彼女に「十字架奪取」をさせたものは何か?それがこの映画の中心にあるテーマだと私は思った。
 それにしても、この映画には、私の好奇心をそそる多くの論点がある。第一、なぜこの映画は「北マケドニア、フランス、ベルギー、クロアチア合作」なのか?想像するならば、フランス、ベルギーは資金の面で協力であろう。クロアチアは、旧ユーゴスラビアでは北マケドニアと同じ国に属していたから関係がないとはいえないであろう。それにもともとマケドニアは多民族地域である。
 Barbara Jelavoch, History of the Balkans,Cambridge University Press,1983 によると、マケドニアに住む民族は、トルコ人、ブルガリア人、ギリシア人、セルビア人、アルバニア人、ワラキア人、ユダヤ人、ロマである。したがって宗教もキリスト教、ユダヤ教、イスラム教に分かれることになる。ついでながら、「ワラキア人」(Vlacks、ヴラフ人とも表記される)は、マルクス『ルイ•ボナパルトのブリュメール18日』(伊藤新一、北条元一訳、岩波文庫、1954,p.63)にも、ちょっと登場する。ネットで調べると、ムルナウが「ノスフェラトゥ」として映画化した、ブラム•ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』にも出てくる民族である。
 てもとにある古いアメリカの百科事典『Americana』(1965年版)のMacedoniaの項目をみると、そこにはマケドニアの地図がありはするが、どこまでががマケドニアという地域なのかがわからない、境界がぼかしてある地図であった。(またmacedoineを『小学館プログレシブ仏和辞典』(1993)でひくと、「1 <料理>マセドワーヌ 賽の目切りの茹で野菜のサラダ 2 こたまぜ」と書かれてある。多様な材料が使われているので付けられた料理の名と、「混在」という二つの意味があることばである。)
 かつてのマケドニアの中心地はテッサロニキ(サロニカ)であった。パウロの書簡とも関連する。1990年頃、私はテッサロニキに行ったことがあり、そこで買い求めたこの都市の写真集がある。フレッド•ボワソナス(1858~1946)の『テッサロニキ』である。(Fred Boissonas,Thessaloniki 1913~1919,Museum of Macedonia,1988、ギリシア語、英語、フランス語による説明がある)買ったときはその写真家のことも何も知らなかったが、あとで調べるとスイスの有名な写真家だった。また、刊行したのが「マケドニア博物館」であることもあとで気づいた。これは非常に面白い写真集である。そこで写されているのは、城塞の廃墟の近くでテント生活をしているロマたち、モスクとミナレット、トルコ人の街と墓地、いくつかのキリスト教会、1919年テッサロニキ市街と港などであって、この写真集そのものが、テッサロニキのマケドニア的混沌を示しているからである。また同時に買ったもう一冊の写真集Elias Petropoulos,Old Tesalonika,Kedros,1988には、1916年にテッサロニキを空襲して爆弾を落としたが、墜落したドイツの飛行船ツエッペリンの残骸の写真もある。
 男性だけしか参加できないとされてきた宗教行事に、女性が参加するというのは、多様なものを内包するマケドニア的な行動であったともいえる。川に十字架を投げ込むという行事は、ロシアにもあったらしい。ピヨートル•クロポトキンの『ある革命家の手記  上』(高杉一郎訳、岩波文庫、1974)に次のような一節がある。「毎年の一月六日には、ロシアでは、なかばキリスト教的な、なかば異教的な、川を清める儀式が行われる。………十字架が川のなかに投げ入れられるのである。このとき、桟橋の上やネヴァ川の氷の上には何千という人々が集まって遠くの方からこの儀式を眺めている。」(p.194)十字架を川に投げ入れるのは、「川の浄化」という宗教的儀礼であったということらしいが、クロポトキンは、それを「なかばキリスト教的、なかば異教的」と説明している。「異教的」とはどういう意味なのか?
(2020年5月13日) 

つづきを表示

PageTop

暴力的リゾームと横断性:パンデミックが露わにするもの

 パンデミックが踊っている。流動性と多様性が止まった世界の上で、パンデミックが高笑いをして踊っている。資本主義帝国の中で絶えず流れ、動いていた世界。欲望の実現がダイナミズムの中にある世界。その強固な信仰の下で、われわれはモノを動かし、消費し、より多くの、より様々な事象が溢れかえることが正しき道であると確信して、食べ尽くし、捨て去り、次の獲得物を探し、休むことなく漁り続けた。停止は死。動き、接触し、多くの物を所有することが善である。それが現在のわれわれが生存している社会の基本体制である。そして、それは資本主義という経済システムを背景とした巨大な機構である。日々われわれはその機構の中で、自分自身が可能な範囲内で、貨幣という記号装置を用いることで、必要とするもの、欲するものを手に入れることができた。ところが、その基盤は様々な記号体系を用いて高度な思考をすることなどまったく不可能なウィルスという生体によって、簡単に崩されてしまうものであることが明白となったのだ。われわれの誇る現代のシステムとは何と弱く、脆く、粗雑なものなのか。
 現在の世界が置かれている状況を見て、このように感じる人は少なからず存在するであろう。だが、今、世界中を席巻している新型コロナウィルス感染による危機は、われわれが通常の生活の中では見えていなかった政治、経済、社会、科学、思想的な諸問題をはっきりとした形で写し出した。それゆえ、このテクストでは、今回のパンデミックによって理解することができた根本的ないくつかの問題について考察していこうと思う。だが、私は政治学者でも経済学者でもない。自然科学者ではまったくないし、社会学も哲学も専門外である。ここで私が述べようと思うことは、私の専門分野の記号学に依拠した脆弱な小さな探究に過ぎない。そんな考察に意味はあるのかという疑問がない訳ではない。しかしそうであったとしても、それが如何に多くの曖昧性を含んだものであったとしても、この考察によって獲得できる何物かがあるのではないか。それを信じて私はこの拙論を書くこととする。
 先ず述べておく必要があること、それはここで探究しようとする主要問題は以下の三点であるということである。一つ目は「多数性の否定」、二つ目は「欲望の多様化と交流という装置」、三つ目は「リゾーム的な拡大」という問題である。もちろん、これら三つの視点に基づく私の分析が今回のパンデミックに関する深刻な問題性の一部にしか光を当てていないものであることは否まれない事実である。だが、この三つの視点に絞ることによって、かえって見えてくる地平があるように私には思えるのだ。
 何故なら、第一の視点は資本主義体制が高度に発展した現代において今回のパンデミックに対抗するために必要とされている反三密戦略がいずれも多数であることを否定するものであるからである。第二の視点はウィルス感染に対しては単に多数であることが問題なのではなく、多数の人間が交流することが問題となるが、現代社会における交流とは如何なるものなのかという点について検討しなければならないと思われるからである。そこにはまた、多数の人間の交流の基盤である資本主義社会における欲望増幅装置の問題が横たわっている。この増幅装置に完全に対立する公的権力が主張している欲望の自粛という要請あるいは命令は、従来のわれわれが信じていたイデオロギー装置を如何に変容するのかという課題もわれわれに投げかけられているからである。第三の視点は垂直的あるいは樹木図的に階層化している現代の社会、政治、経済システムに対して、新型コロナウィルスの広がりは、国という閾を超えて水平的にあるいはリゾーム的に拡大している事実が存在している点に焦点を当てるものである。このリゾーム的拡大による攻撃に対して垂直的な機構が如何に貧弱で、無力であるかいう問題は極めて大きな意味を持つと考えられるからである。それゆえ、この三つの視点はわれわれがここで行う探究にとって避けては通れぬ課題であり、これらの視点を通して、今回のパンデミック現象によって明らかになった現在の世界の実情について詳しく検討していくことが重要であると思われるのである。 

つづきを表示

PageTop

書評:堀江秀史著『寺山修司の一九六十年代 不可分の精神』

 寺山修司は、俳句からはじまり、短歌、ラジオドラマ、映画、演劇、評論、随筆、…と多ジャンルを横断し、各ジャンルで独自の成果をあげた作家だが、今回とりあげる堀江秀史著『寺山修司の一九六十年代 不可分の精神』は、寺山のそうした多ジャンルにわたる活動の行動原理(活動理念)を「ダイアローグ」、作品の主題を「<私>論」であると規定し、膨大な資料をもとにそれを跡付けた労作である。タイトルに一九六十年代とあるが、読後に見えてくるのは、1950年代から1980年代初頭にいたる期間に様々に変貌を遂げたかに見える寺山の活動のみごとなまでの一貫性である。副題の「不可分の精神」とは、そうした寺山の一貫したありようを示す言葉であろう。

つづきを表示

PageTop