FC2ブログ

宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

戦争と人種差別

 アメリカで起きた白人警官による黒人男性殺害事件に端を発する黒人人種差別抗議デモは、大きなうねりとなり、アメリカだけでなく、イギリス、オーストラリア、ドイツといった国々にも広がっていった。この差別反対運動には黒人だけではなく、多くの白人も参加しており、また被害者である黒人男性を殺害した白人と同じ職業に就いている多数の警察官も参加している。しかし、何故ドイツでも大規模な抗議デモが起きているのか。私は最初にその点に疑問を持った。更に、抗議デモのニュース画像をいくら見ても人種差別問題に対するアジア諸国での積極的なデモのニュースは殆ど見つけ出すことはできなかった。その理由は何か。それが二番目に思った疑問点であった。
 このデモ活動の動きと関連して、私は次のことを思い出した。6月4日は連合国軍がローマに入場した日である。1944年6月6日のノルマンディー上陸作戦の二日前、この年の1月にイタリア本土に上陸していた連合国軍は4カ月に及ぶモンテ・カッシーノの激戦に勝利し、それから約一月後、やっとローマを解放した。編集プロダクションの知り合いに頼まれて、モンテ・カッシーノの戦いについての原稿を書くために、私は文献や動画などの参考資料を漁っていたが、そこで気付いたことがあった。この大激戦に参戦した連合軍はアメリカ軍、イギリス軍、ニュージーランド軍、自由フランス軍、ポーランド軍、南アフリカ軍などであるが、今述べた殆どの国の軍隊には白人以外の多数の有色人兵士が参戦し、それもモンテ・カッシーノ修道院跡など、最も激しい戦闘が繰り広げられた前線に派遣されたのだ。
 現在行われている黒人差別反対運動と第二次世界大戦中の白人以外の部隊の激戦地への投入という問題は無関係なものではなく、実は根本的な部分で繋がっているよう私には思われた。それがこのテクストを書く大きな動機となった。 

つづきを表示

PageTop