FC2ブログ

宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

遮蔽想起としてのレ・シャルメット―ルソー『告白』を読む(後編)

つづきを表示

PageTop

遮蔽想起としてのレ・シャルメット―ルソー『告白』を読む(前編)

 機会があって、ジャン=ジャック・ルソー著『告白』を読んだ。ルソーは、言うまでもなく、社会思想、教育、文学など様々な分野に「近代」を用意した思想家、作家として知られ、日本においても、民権思想、近代告白文学(私小説)に大きな影響を与えているが、今回、私は、(恥ずかしながら)はじめて『告白』を読み、改めて、それが近代文学の起源に位置するものであると同時に、特定のジャンルに分類されることを拒む「奇妙な自伝」(桑瀬章二郎)であることを確認することとなった。
 何より、①フランス革命以前にこのような<私>に重きを置いた特異なエクリチュールがあったということ、②そのような<私>は、18世紀フランスの啓蒙期に、同時代の哲学者、公衆など公共的世界との対立をへて析出し(水林章)、「孤立と引き換えに自己を唯一無二の存在として樹立しようと」(野崎歓)して形成されたものであること、③一方で、このような、同時代の公共的世界に見放された自己は、未来の読者という想像的他者を要請することでかろうじて<私>を形成するような寄る辺ない自己であり、近代の病である精神病を随伴していたようにも読めること、④こうした自己の生み出した<私>の思想はフランス革命とその後に影響を与えたが、その女性観やテレーズとの関係は、革命後すぐにフェミニズムの先駆者であるメアリ・ウルストンクラフト(『女性の権利の擁護』)によって批判されている(水田珠枝)こと、など、今更のように驚きをもって読み、思考を刺激させられた。
 しかし、これらについては、まだ言葉が追いつかないので、今回は、近代ロマン主義者たちの想像力の源流となったレ・シャルメットの回想(自然に溶け込む体験をしたサン=ピエール島での体験も、ルソーはレ・シャルメットを思い起こさせる、と書いている)に注目し、それについて一つの視点を与えることで、この特異なエクリチュールにとりあえずのアプローチをすることにしたい。

つづきを表示

PageTop