宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

「無知の終わり」と「未知との遭遇」(1)

 1.「無知の終わり」
 2011年3月11日に起こった福島第一原発事故はなお終息しておらず、首都圏では緊迫した事態こそやや遠のいた感が漂っている(!?)ものの、先の見えない懸命の作業が続けられている。
福島第一原発事故が、ヒロシマ、ナガサキ、スリーマイル、チェルノブイリとともに、日本のみならず世界にとって忘れられぬ核による災厄とともにして記憶されることは、もはや改めて言うまでもない、動かしようのない事実となっている――事故が大したものではないことをアピールしていた数多の御用専門家や事情通の奮闘もむなしく――が、最終的にこの事故がどういった事態をもたらすのかは未知である。
この事故は、今後長きにわたって現在進行中の「未知の事態」であり続ける。程度の差こそあれ、「被災した」諸地域では、この破局的な原発事故が日常的な「現実」を形作ることになる。確かなのは、原子力安全神話にまどろみ続けていた3.11以前の日本社会の現実へと回帰することはもはやありえないということだけだ。そして何が事実であるのかがきわめて疑わしいものとなり、いくつもの可能性がつねに存在し、考慮されざるを得ない保証なき「現実」へと招き入れられることとなる。
実のところ放射線の健康への影響がどれだけのものなのか、またどれほどの地域から人々を退避させるべきなのか、避難民の生活はどうなっていくのか、福島原発の事態の収束にどれだけの期間とコストがかかるのか、すでに致命的なほど悪化している日本の国家財政はいつ破綻するのか、もはや経済的合理性の観点からも破綻があまりにも明白な原子力推進政策がどのようになるのか(安楽死するのか、延命継続がなお強行されるのか)、多くのことが複合的な形で未決状態に置かれたなかで、人びとの生活が営まれなければならない。
安全神話の崩壊ばかりが喧伝されているが、もちろん崩壊したのは安全神話だけではない。原子力発電は安上がりだという安全神話の双子の兄弟もまた無残に崩壊した。「安全なより最新の原発技術」による原発推進の継続という夢想を諦めきれず、未だに安全神話や低コスト神話を護持しようと企てている向きもあるが、たとえそうした人びとや各種のメディアのプロパガンダによって原発が守られたとしても鰻上りの安全対策費や賠償によって継続がべら棒に高くなることを覆い隠し続けることはできないだろう。
「国策民営」としての原発推進を可能ならしめてきた「無知のベール」は修復不可能な形で破られてしまった。

2.安全神話とリスク論
「世界最高水準」の技術力を誇る日本の原発は絶対安全という安全神話が崩壊した結果、いわゆる「原子力ムラ」の専門家たちに対しては厳しい批判が向けられている。例えば原子力安全委員の斑目委員長には「出鱈目委員長」という不名誉な綽名が定着した。また、原発の安全性への懸念を指摘する研究者や市民に対して小馬鹿にしたような冷笑的態度を取り、プルトニウムの安全性を強調しておきながら、事件後は「雲隠れ」を続けている専門家もいる。
JOC臨界事故以降日本においても「リスクがゼロではない」ことはより専門的な言説のなかでは語られるようになっており、マスメディアにおいてもそうした専門家による発言もみられるようになってきてはいたが、より多く目にしたのは原子力安全神話という大衆向けプロパガンダの言説であった。
事故後に生じた反動は、評判となった斉藤和義の曲の題名が端的に示すように「ずっとウソだった」という国民の反応であったが、何よりも醜悪だったのは、この当然と言えば当然な反応を、傲然と「ヒステリー」呼ばわりし、また「正しく恐怖するよう」お説教を垂れる専門家や評論家の登場であった。こうして「どうせあたしを騙すなら死ぬまで騙して欲しい」と考える人々のニーズと合致した大本営発表がマスメディアに垂れ流されることになった。
マスメディアに登場した専門家や評論家たちは奇妙な薄ら笑いを浮かべながら無暗と恐怖する愚昧さを啓蒙あるいは恫喝して見せていた(現在もいる)が、彼らが明らかとすることができたのは、インターネット時代に情報を当局にとって都合の良いようコントロールすることが、少なくとも自由民主主義がたてまえとなっている国においてはほとんど不可能だということだった(「古き良きメディア」であるTVしかみない「健全な臣民」を別とすれば)。
国内のメディアやそれが登用する御用学者を信用しない人々はインターネットを通して海外の情報や、原発反対派の情報にアクセスし、また御用学者やメディアの大罪を告発した。彼らの御用学者や御用評論家ぶりの悪辣さ、良心の欠如は、安っぽいTVドラマや映画に出てくるチンケな悪役のようであり、それを性懲りもなく起用し続ける大手マスメディアもまた広告料を餌にされ積極的に安全神話に加担してきた「戦犯」に他ならないことが、次第に多くの公衆に印象付られていった。
すっかり悪名が高くなった「原子力ムラ」の専門家への批判に比べると、リスク学への批判はまだそれほどなされてはいないように思われる。確かに、リスク学は安全神話からは一定の距離を置いており、「大衆向け」の原発安全神話を科学的立場から批判してきた。
リスク学の基本的立場からすれば原発にかんしてリスクゼロはありえないし、リスクゼロを目指す安全対策はコストの面で受け入れられないからだ。この点で、リスク論はむしろ、リスクゼロを表向きは掲げ、それに拘束されてきた、この国の原子力の統治(原子力発電所の管理だけでなく、それにかかわる周辺住民や国民の管理を含む)へのある種の統治批判としてみずからを位置づけてきた、ということができる。
ただし、こう言ったからといって「安全神話」の形成にリスク学が加担してこなかったということはない。多くのリスク学者は、リスクはあるがそれは一般市民が「無知のベール」によって気づかずにいるリスクと大差ないか、それよりも小さいのだということによって原発リスクは受け入れるべきだとしてきたのである。例えば環境リスク学の第一人者である中西準子は、『環境リスク学』(日本評論社)のなかでこう述べている。

「つらつらと考えてみるに、我々の周囲にはリスク不安が大きくて、その利用が極度に制限されている技術がある。もう一方で、リスク不安が囁かれながら、そのリスクに配慮することもなく、ただ新しい技術を売り込めばよいという姿勢で売り出され、受け入れられている技術がある。
 前者の代表的なものは、原子力と遺伝子組み換え作物、もしかして、ナノテクノロジーもその仲間に入るかもしれない。後者の典型が、携帯電話やユビキタスコンピューティングといってもいい。
 原子力が夢の技術とは思わないが、わが国のエネルギー状況と、今のような管理技術を考えれば、もう少し利用されてもいいと思う。残念ながらリスク不安が大きく、原子力発電所の建設が市民に拒否される状況が続いている。
(中略)そしてリスクが問題となるとはじめて、リスク評価の問題に取りかかるのだが、その時は大抵手遅れで、時間がかかるほど皆のリスク不安が大きくなってしまう。そして、リスクよりもリスク不安という問題と格闘しなければならなくなるのである。
それでも、リスク問題を単なる不幸、巡りあわせが悪かったとしてしか考えず、なぜ原子力だけが攻撃されるのか(不幸な技術)、車のリスクの方がより大きいのにとか(幸運な技術)、なぜ塩ビだけ悪く言われるのとか(不幸な技術)、言って嘆いている。でもそれは違うということにそろそろ気づくべきである。」[241-242頁]

いかにも御用なリスク論研究者ならばともかく、下水道問題にかんして御用学者とは対極の立場から研究を行ってきた中西にしてこう述べてしまうのだ、ということにかんしてなんとも複雑な思いに駆られるが、それはともかく、破局的な原発事故への不安は、われわれが日常的に攻囲されている諸リスクに比べ不合理に過大評価されがちだというわけだ。
ここでは、安全神話の盲信か恐怖かという無知蒙昧かつ不毛な対立を超えて、冷静にリスクを受け止め原発を受け入れることだけが合理的な態度、市民として成熟した態度だとされている。
破局的な事態は取り返しがつかないので原発はやめるべきだという考えは、賢明なるリスク論の観点からは、「科学的に非合理」「ずるい」とされるのである。このように「絶対安全安心から正しく怖がる」への「確率論的転換」によってリスク学は、安全神話をいわば補完する形で守護してきたのである。
もちろんこのようなリスク論は、ウルリッヒ・ベック(『危険社会』法政大学出版局)をはじめとする人々によって批判されてきた。そして、私たちが目の当たりにし、これから目の当たりにしていくであろう事態は、リスク論的な議論の破綻を証拠づけいるし、これからもそうしていくだろう。
一般人の無知蒙昧な反応以上に、上述のようなリスク論的思考の枠組みが冷静に吟味され、「正しく」断罪されなければならないだろう。「未知との遭遇」を軽視したツケはあまりにも大きいと言わざるを得ないし、徹底的に糾弾されるべきであろう。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する