宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

書評:重田園江「ミシェル・フーコー 近代を裏から読む」(ちくま新書)

この数ヶ月来、権力が知を動員し知が権力のおこぼれに与るという図式があからさまとなった。あきれるほどに、である。もちろん、これほど素朴な権力と知の共犯関係と、フーコーが「知-権力」という用語でもって表現しようとしたものとは、異なっているのかも知れない。とはいえ、「知-権力」という言葉遣いが妙なリアリティを獲得していることも事実である。

そのような状況のなか、フーコーの権力論を論ずる新刊がでた。重田園江氏の『ミシェル・
フーコー――近代を裏から読む』である。本書は、『監獄の誕生』をとっかかりとして、フーコーの「ポテンシャルの中心に近づ」(p.11)こうとするものである。「知‐権力」に焦点を絞っている訳ではいないが、今日の日本における「知‐権力」状況を捉えるにあたって、フーコーの仕事が有益なことを示唆しているように思われる。

三点ほど指摘しておきたい。

まず、通常考えられているのとは異なり、規律・訓練を中心テーマとした作品として『監獄の誕生』を捉えていない点である。むしろ本書における古典主義時代の重要性が繰り返し論じられる(p.84,p.170)。というのも、フーコーの近代像にせまる鍵は古典主義時代にあると著者が見ているからである。

だから「国家理性という16世紀末から17世紀の新しい考え方」(p.169)を巡る議論を参照することで、『監獄の誕生』が系譜学的に明らかにする権力技術論と、近代国家史論が結びつけられることを指摘する。16世紀末から17世紀は、古典主義時代と呼ばれる時代におおむね一致するのだから、著者はいわばミクロな権力論とマクロな権力論の節合点を古典主義時代に見出しているのである。これにより『監獄の誕生』の射程が拡大する。

国家理性論が発展してきた時期は「『生権力時代』の始まりと考えてよいし、生が政治の第一の関心事となる出発点ととらえてもよい」(p.169)。生権力は、園田氏が指摘しているとおり「不快な権力」(p.212)である。現存秩序の政治性を隠蔽しつつ、安心・安全を強要してくるからである。

しかし、いまの日本では、本当に人々の生が政治の第一の関心事となっているのか。国家権力の名において宣言される安全は、その額面のとおりに受け取るとしても、直ちに影響を与えるものではないというレベルに過ぎない。安全の言説は、人々の安全ではなく、むしろ現存秩序の安全を目指しているとしか思われない。

つぎに、初読の印象ではあるが、やや読みにくいことが二点目である。とはいえ、必ずしも分かりにくいという訳ではない。丁寧に文章をおっていけば、著者が言っていることを把握するのはさして難しくない。ただ、著者(あるいはフーコー)がなぜそんなことを言っているのか、その理由や趣旨が、なかなか腑に落ちないのである。

その主たる原因は、フーコーの哲学実践に固有のものである。実際のところ、フーコーの目論見は、価値を変えること――価値を逆さまにひっくり返すのではなくて――、価値の体系自体を変えることであった。「フーコーがつねに心がけたのは、世の中で当たり前だと思われていることを、自分の著述に接したあとではとても当たり前とは思えなくさせることだった。・・・見えているものを違った仕方で見せることを望んだ」(p.20)のである。

今までと違った仕方で世界を見ることは、並大抵のことではない。常識的な価値観をいちど壊さねばならないからである。「価値の変更や視点の転換は、あらかじめしつらえられた社会的に通用する枠に揺さぶりをかけ、それを震撼させ変えてしまうようなきっかけがあってはじめて可能になるもの」(p.23)である。

しかし、常識としての「社会的に通用する枠」が揺さぶられたからといって、その枠が変更されるとは限らない。人は、あまりにも強烈なショックを受けると、ショックを受けているという事実自体をなかったことにしてしまうというのが、防衛規制の健全な働きだからである。

そのため、常識的な価値観を知らず知らずのうちに身につけている人が、フーコーの作品を読み、すぐにその意味するところを理解するということはないだろう。フーコーにそって自分なりの思索をつづけていった先に、ある時、その意味にふと気づくだけである。

3点目としては、著者はややストレートに表現しすぎるきらいがある点である。一方で、著者自身も自覚しているようだが、著者のフーコーへの愛情が随所に感じられる。これは、表現の構えとして賛否の分かれるところだろうが、好みの問題である。しかし、他方に、より重要な問題がある。それは、生権力に対する嫌悪感の表明(pp.212-214)である。こ
の点、もう少し説明が必要ではなかろうか。

というのも、世の中の大多数は、いわゆる普通の人――そもそも、大多数の人を普通の人と呼ぶのだ――、「安全への際限のない欲望」を抱く「善良な市民」なのである。著者と「善良な市民」の距離は遠く、著者の不快の叫びは届かない。届いたとしても、自分たちとは異なる「危険人物」の戯言としてしか受け取られず、常識を揺さぶる力が働かない。

したがって、真っ向勝負は得策でない。むしろ戦略を立てることが重要である。それは、「善良な市民」を装い、市民社会の中に浸透しながら反撃の機会をうかがうことである。「善良な市民」にも訪れる一瞬の隙をついて、揺さぶりをかける方が効果的ではなかろうか。規律権力が「ちょっとした工夫」(p.130)を寄せ集める技術論だとすれば、それに対抗するには、いっそうのせせこましく「ちょっとした工夫」を編成していくことが必要だろう。

特徴と思われる点を三点ほど上げたが、本書は、総じて、フーコーの権力論のポイントを的確にまとめている。フーコーとともに考えを進めていくときに、参考になる本である。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する