宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

ラカン研究会の報告

 去る7月28・29の両日、東京中野のアソシエオフィスで、当研究所主催による第一回ラカン研究会が開かれた。以下はその簡単な報告である。
 この研究会は、ミシェル・フーコーの『言葉と物』をテクストにして行ってきた研究会が発展したものである。ラカンの「セミネールXI 精神分析の四基本概念」(1964年)をテクストにして、同じ部分を三人の参加者が、それぞれの立場から解釈し報告するという方法で行うことにした。これは一種の実験的なこころみであったが、重要な論点について共通の認識が存在しうること、独断的・一方的な見方が自ずから批判されることなど、かなりの効果があることがわかった。参加者相互にとって蒙を啓かれる場となったと考えられる。また、特別に参加して、適確な助言をして下さった向井雅明さんに、厚くお礼を申し上げたい。
 次回は11月もしくは12月に予定しているので、関心のある方はぜひご参加下さい。
8月13日    宇波彰

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する