宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

第二回ラカン読書会のご案内

第一回のラカン読書会を7月28日(土)-29日(日)の2日間にわたり実施しましたが、宇波先生発案の同一テーマの「3人発表制」は、発表者の個性が滲み出て、なかなか刺激的でした。今回もその方式を踏襲し、ポレミークな議論を展開したいと考えています。

【実施要綱】
日時:
11月17日(土)15:00-21:30
11月18日(日)10:00-16:00

会場:
駒澤大学会館246
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩5分
http://www.komazawa-u.ac.jp/cms/campus/c_komazawa/

テキスト(読解範囲):ラカン『セミネ-ル11』(邦訳:『精神分析の四基本概念』岩波書店 2000年 5,000円)
第一部
①邦訳Ⅴ;チュケーとオートマン
第二部対象「a」としての眼差しについて
②邦訳Ⅵ;目と眼差しの分裂
③邦訳Ⅶ;アナモルフォーズ
④邦訳Ⅷ;線と光

記:原著名 Livre XI, Les Quatre concepts fondamentaux de la psychanalyse, [1964], Seuil, 1973.(日本amazonで入手可能〉

時間割(発表):
17日(土)15:00-18:00:前回のまとめ30分 Ⅴ;チュケーとオートマン 発表(3人)各30分、残り1時間質疑・応答
17日(土)19:00-21:30:Ⅵ;目と眼差しの分裂 発表(3人)各30分、残り1時間質疑・応答
18日(日)10:00-12:30:Ⅶ;アナモルフォーズ 発表(3人)各30分、残り1時間質疑・応答
18日(日) 13:30-16:00:Ⅷ;線と光 発表(3人)各30分、残り1時間質疑・応答 今回のまとめ及び次回の開催の打ち合わせ30分

「第二部Ⅸ;絵とは何か」は次回に繰り越しです。

発表は、同一テーマに関して3人がおこないます。原則として参加者は全員発表を担当することにします。ご了解ください。そのため、参加不可能な方、発表を辞退する方は事前にお申し出ください。それに基き、早急に担当をお知らせします(籤引きで決定)。

発表される方はA4用紙1-2枚程度のレジュメをご用意ください。

会費:
「11月18日は日曜のため管理人の人件費がかかる」ということで、時給1,600円×6時間(10:00-16:00)とするとその費用は9,600円になります。
参加人数を15人と想定し、土曜日だけの参加の方が費用を負担しないのは公平性を欠くので、総人数30人で、一日/一人の会費を算出することにします。
9,600円÷30人=320円/日/人  従って2日間の参加であれば、640円になります。ご了解ください。

連絡先:
世話人・吉沢の連絡先を記しておきます。
meisan46@kind.ocn.ne.jp

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する