宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

「同質的集団」の危うさ

1 同質的集団としての自民党

 2015年9月8日に,自民党の次期総裁に安倍晋三の再選が無投票で決まった。これによって、自民党という政党が「同質的集団」であることが改めて明確になった。この「同質的集団」について考えて見たい。
 1970年代には、アンリ・ルフェーブルの都市論が日本でもかなり読まれていた。そのうちの一冊である『都市への権利』の第一章のタイトルは「農村から都市社会へ」である。その冒頭で、アンリ・ルフェーブルは、現代という産業化の時代においては,「社会の完全な都市化が必然的である」という仮説を提示しなければならないと説いた。かつての農村は、行政と教会による二重支配を受けていたのであり、「農村から都市へ」という移動は、「自由」の獲得を意味したというのである。ジャック・ル・ゴフの『中世西欧の文明』では、中世末期のヨーロッパにおいては、「教会の鐘と役場の鐘」(les cloches des clercs et les beffrois des laics)とのあいだ、つまり宗教的な時間と世俗の時間とのあいだに争いがあったと記されている(p.50。
 アンリ・ルフェーブルの『都市革命』の最初のところに,「都市の空気は人間を自由にする」と言うヘーゲルのことばが引用されていた(ように思う)。つまり、農村のがんじがらめの生活から,都市の「自由な」生活への変化が肯定的に捉えられていたのである。しかし実際は、都市に来た農民は、資本家に搾取される労働者へと変質していく。ただし、他方では現代都市の住民には、確かに「隣は何をする人ぞ」という状況もある。都会のアパート・マンションの住民は、隣人についての「情報」を知らない。それが現代人の自由であると思われてきた。しかし、最近のネット社会は、このような考えに疑問を抱かせ始めている。          

2 小学生の投書

 子どもたちのあいだにも「同質的集散」が形成されつつある。毎日新聞(2015年8月27日)に「スマホは大人になってから」という茨城県の小学生(12歳)の投書が載っている。彼女はそのなかで次のように書いている。「小、中学生の<グループライン>では、メールを少し見ないだけで、仲間はずれにされてしまうので、スマホを手放せなくなってしまうこともあります。」つまり,グループラインというものが、ひとつの集団を作るのだが,その集団はメールを相互に見るという暗黙の約束で縛られている。子どもたちの世界が、「同質的集団」に変化しつつあるのではないか。
 安田浩一の『ネット私刑』を読むと、ネットによる脅迫がどれほどすざましいものであるかがわかる。こ本のいわゆる「帯」には、「ネット私刑」を「正義を大義名分にネットで個人情報を暴露・拡散する悪行」と規定している。安田浩一は2015年に起きた川崎市での中学生殺人事件の「犯人探し」において、いかに「個人情報の暴露」が行われたかを、現地に取材して確認した。また、最近の話題のひとつである、オリンピックのエンブレム問題に関連して,中川淳一郎は、「デザイナー佐野研二郎氏に対するバッシングは個人に対するものとしては、類を見ないものだった」と書いている。このようなバッシングをする主体は、特定の個人ではない。「一般国民」がバッシングをしているのである。このような状況は、同時に監視社会の進化である。そしてこの新しいパノプチコンは、ベンサム、フーコーのいうパノプチコンとは、かなり異なる。フーコーが分析・批判したパノプチコンは,権力機構である。看守は権力の代行者である。ところが、現代のパノプチコンは,誰がどこで監視しているのかわからない。「ネット私刑」の執行人は、アノニマス(無名)である。古いパノプチコンは垂直的構造であり、現代のパノプチコンは水平的である。

3 第三項排除の理論

 このような「ネット私刑」状況については、今村仁司が1980年代に提示した「第三項排除論」が有効である。「第三項排除論」とは、スケープゴート論である。ひとつの集団が、その集団にとって異質なものを排除することである。自民党の党員は、安倍以外の総裁選候補者を排除する。今村仁司によれば,「全員心をひとつにして第三項を排除する」(p.196)のが原則である。「共同体の成員がこぞって被排除項を抑圧し、はずかしめ、汚すことに協力させられる。」(p.257)これはまさにの総裁選挙における自民党の状況である。
 「同質的集団」は、シャルル・メルマンの概念である。メルマンは、近著『パラノイア』において、ひとつの「同質的集団」が作られるとき,そのメンバーになると、たちまちその人は「個人」としての主体性を喪失すると説いた。この同質的集団は、「差異のありそうなあらゆるものを排除する」(p.26)のであり、そこに「パラノイア」の徴候があると考えているように見える。これは今村仁司の所論とつながっているが、今村仁司のばあいは、さらにそこから進んで、「第三項排除は、つねに必ず、鉄の法則のごとく、下方排除の方向をとる」と強調する(p.138)。第三項は「奴隷的位置」に置かれ、「秩序外にたたき出される」のである。これは、安田浩一が報告する例で確認される。自民党が「同質的集団」であるのは、「第三項排除」に対する恐怖感が党員を支配しているからである。
 しかし「第三項排除」は、決して否定的にのみ捉えてはならない。排除される「第三項」は、ばあいによっては「抵抗」して「ノイズ」となり、「オーダー」に新しい秩序をもたらす可能性がある。山口昌男の中心と周縁論が想起される。

参考文献
安田浩一『ネット私刑』(扶桑社、2015)
中川淳一郎「週刊 ネットで何が・・・」(東京新聞2015年9月5日)
今村仁司『排除の構造』青土社、1985
Jacques Le Goff, La civilization de l'occident médiéval,Flammarion,1964
Charles Melman,Les paranoïas,érès,2014(シャルル・メルマン『パラノイア』
Henri Lefèvre,La revolution urbaine ,Gallimard,1970(アンリ・ルフェーブル『都市革命』) (2015年9月11日)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する