宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

ラカン的思考 書評

 注:文中[]は書評者の追記です
 「再考の努力、この事後的なものの努力、この反復、それが分析の経験が発見するものの基礎なのです」[講演(セミネール)でのラカンの発話](「ラカン的思考(以後、ページ数のみで省略)」P168)。本書は、上記のように、第一章のはじめから終章まで、仏の精神分析家ジャック・ラカンの仏でも正規版が未刊行であるものもある1965年以降から70年後半までのセミネール等からのラカンの発話を中心に、ラカン研究者や他の思想家の批評など博引旁証しながら「「他者(別のもの)の創出・侵入」[デリダ書サブタイトル](P144)として、その「他者・別のもの=異様なもの=見知らぬもの=不気味なもの」(P144-145)を「介入・侵入」する/されることで、フロイト/ラカンが提出した精神分析的言語(用語/概念)を、著者自身の遊歩者的「思考像(「…それぞれの思考像が、他の思考像とつながり…「星座」を構成し…以前には見えなかったものが浮き上が(P191)」る物)」(ベンヤミン)として、その意味を、事後的に到達されるものとして、また記憶を事後的に新たに創造し、過去の傷(記憶)に距離を置き得る追想(破壊)=反復として、ラカン(他者)的且つ宇波(主体)的且つ思想史的に「思考」を実践したものとなっているものと思われる。

 今回、この書評という形で、評者自身が、このラカン/宇波(他者/主体)的思考の書物を少しばかり反復/模倣/変奏し、「思考の星座化(コンスタラチオン Konstellation)」布置形成(ベンヤミン)という宇波先生がよく出される思想の方向性に添って、なんらかの形が「あとから」生っているならと願うところです。もっとも「ベンヤミンと精神分析は、やはりすれ違うのである」(三原弟平「ベンヤミンと精神分析」水声社、2009)と言われたり、後記予定の道籏氏も、ベンヤミンが立ち向かったタナトスへのフロイトの「怯え」等々、ベンヤミンとフロイトの一致点は、すぐに破壊される類いではありそうですが、上手く行ったなら「形=かたち(シニフィアン)が意味(シニフィエ)を作る(本書第3章・題名)」事後性効果が創出されるかもしれません。あるいは、既に「願っている(強請っている)」時点で、退行して「転移読み」(その意味は、おそらく想定される知と主体となった文章に依存=信仰して読むのみで、その文章をその文章そのものと対決させて読解する事なく、自分の理解した想像的自閉的理解で読解した気になる防衛的読み?…宇波先生に、後期ラカンのディスクール論が良くまとめられていると紹介された荒谷大輔氏の本「「経済」の哲学」(せりか書房・2013)のあとがきに、批判的・反省的に使用された概念。)となっていることで、事後性/反復=死の欲動?にも擦らない無意味に陥るかもしれずで、既刊の宇波著作をほとんど読んでいない評者は、「文脈=反復」知らずに不安が募るところですが、とにもかくにも、仮に「星座化形成」は無理でも、この書「ラカン的思考」の理解を少しでも深められたらと、上記の「ラカン/宇波」から、なぜ「他者=主体」なのか、という問題において、その他者=本書を、主体=評者に闖入させる引用/反復-反復強迫(という分析に対する「抵抗(防衛)」であると同時に、その「推進(破壊)」)を始めてみることとします。「「私[主体の言説]は他者の言説である」というラカン」(P87)「ラカンがレヴィ=ストロースから引き継いできた…「人間以前の存在が人間になる」というテーゼ」(P50)「主体の身体がまず言語によって動かされる」(P31)「ある対象を別の記号で表わすのは、確かに「反復」ではあるが、そのばあいすでにもとの対象を示す記号とは「別のもの」によっている…時にはオリジナルなものを否定し、破壊する…破壊作用を持つ「反復」の機能…事後性と遅延…「差延」「代補」[デリダ]」(P131-132)。この辺りでは、人間主体というものは、言語化によってしか存在できず、人間が生まれてきて出会う「外部=母=言語=他者」が無意識的に「赤ん坊」を人間として認定=同化=反復=言語化し赤ん坊=主体は外側に外出する(「別のもの」になる)ことによって、ようやく他者/主体になるしかなく、初発に存在したかもしれない内側の「原-主体」は「言語=母=他者」の存在により永久に不在とさせられてしまう、という根源的疎外(原-主体の破壊)にして「他者=主体(人間化)」が、タナトス(死の欲動)≒エロス(生の欲動)の運び手「他者=言語=母存在」により無意識的・事後的に成立させられ、「他者=言語=母存在」の切れ端(部分対象・対象a[喪失した欲望の原因・対象=欠如=穴])を巡り再配列・再関与という再「反復」(欲望承認を求めるための反芻作業)をしたところで成立する思考像が蒐集化(=集合化=一であること化)された「星座」的なものであることが簡潔に記述されている(にも関わらず、この評者の文の方がまどろっこしいものとなったが)。
 次に、前述した「かたちが意味を作る」(第3章・題名)における「シニフィエを作るのは、シニフィアンです(ラカン)」(P66)について…この言語学用語の創始者のソシュールも読まず、それを「転用」したラカンも読めてない私には、これも正確に理解していないだろう物のひとつではあれ、こちらも転移読みで解説してしまうと、仏語の動詞signifier(意味する・明示する)の現在分詞形・名詞形signifiant(シニフィアン…事物を代理に表わす言葉で物である物?)とその過去形・名詞形signifié(意味された物、意味として把握されうる言葉という物?)が、ラカンにあっては、その位置が逆転して使用される(つまり、どちらが上位かということで、その上・下について…ラカンは、シニフィアンを上位に置く)のだが、そのシニフィアンとシニフィエの関係は、患者=分析主体が、発話している時に、分析家に聞こえてくる「言葉の連鎖・集合」のことで、分析家は、初めに会った頃は、患者の事は知らない(無意識な)ため、患者の語る言葉(シニフィアン)は、文脈=患者の生活史を知らないと「意味不明な言葉の固まり」となって強制的に聞かされる物となり、そのシニフィアンが、仮に分析が数年して終わった時、分析家にとっても患者にとっても、初発に無意味な言葉は実は有意味な重要性を帯びる可能性があるため(事後性)、長い期間、反復的にその言葉を携え移動し語る(無意味でも重要な語は何度も反復して出てくるため)こととなったシニフィアンは、ようやく、シニフィエ(意味、概念)となって、分析に患者を行かせた症状の「意味」を、分析後、理解し症状から解放されるにせよ、解放されなくとも、その意味をその人固有の特異な在り方として引受=乾-享受するにせよ、「概念把握(症状に振り回された生活から、症状を把握統治して使いこなす)」することが可能になる、という進行として捉えるなら、ラカンの命題「シニフィアンの優位」つまり「かたちが意味を作る(「ラ的」第3章・題名)」 ことで、つまり、意味不明に発話を続け=かたち(言葉)が集まり続け、分析家あるいは患者からの「時間的区切り=解釈」によって、事後的に意味が見えてくるという具合に、精神分析は実践されるということが、ここで言われていると採れそうである。また、言葉(シニフィアン)の優位、「象徴的なものLe symbolique」の優位 については「主体はル・サンボリックのなかで発言し、思考したとたんに主体ではなくなって、「事象」へと変化し、それによって具体的な主体としては消滅する。」(P31)と言われ、分析では、具体的な主体の発話が問題になるのではなく、むしろ抽象的な主体(幽霊・亡霊・神のような主体?)の発話=事象による「主体」の言葉が優位に立っていないと分析の実践にならないことも示唆されている気がする。つまり、患者は、自分が語っているのに、自分が語っていないような「言葉=痕跡を、不明瞭を不明瞭なまま明瞭に語る事(シニフィアンの優位=「言う dire」ことの優位というか精神「分解=解剖」実践の前提statue(語って立つ像・境位)条件)」で分析がより進むのかということを連想させる。この語り方は「コーラン」の成立過程にも似てコーラン訳者の井筒俊彦は「今日、書物とか本とか言えば、我々はまず誰か著者がいて、その人が執筆したもの、と考えるのが普通だが、『コーラン』はマホメットが執筆した書物ではない。これはむしろマホメットが自己意識を喪失して、つまりマホメットがマホメットでなくなって、完全な他者意識のうちに語り出した不思議な言葉の集大成である」(「コーラン 中」岩波文庫、解説)と言い、分析の過程が聖典の成立過程と類似していることは、個人的に大変興味深い。主体意識を消滅させる次元、明瞭な言葉(シニフィアン)の欠如の次元に留まらないと「ラカン的思考」とは言えない、ということなのだろう。
 また、シニフィアンの欠如というシニフィアン(言葉無き言葉)については、「第5章 解釈とは何か」で触れられている。ここでの解釈は、本書が「哲学的探求」の本であることもあり、分析臨床における「時間的区切り=解釈」(一セッションの終わり)ではなく、患者=分析主体の語りというテクスト(本文)や語られた夢などを含めたテクスト一般の解釈で、上記の「セッションの区切りという臨床解釈」の話から、関係してはいても、少し離れることとなるが、その第5章へ反復進行することとする。「「最も意味のある夢は、主体がそれについて何も語れないような、完全に忘れられた夢なのです」[講演(セミネール)でのラカンの発話]…主体が語っていない夢こそ、解釈の対象として価値がある…シニフィアンそれ自体が、その欠如によって作られる…存在しないこと自体がシニフィアンになっている…断片・痕跡・残滓・忘却されたものとしてしか存在しないものの方が、解釈の対象として重要なシニフィアンである…それまで無視されてきたところにこそ…「読み直す」「考え直す」という「反復」の行為が重視されている(P109-110)…「はじまりへの回帰」とは、はじまりの反復…[ラカンの]フロイトへの回帰=「フロイトを考え直す」(repenser Freud)ことであり…repenserは…「読み直す」(relire)と同じく、re、つまり反復・回帰という作用」(P113)」と、考え直し/読み直し「反復の強制compulsion de répétition」(P155)に進んで乗っ取られ=法られ「自身を解釈=考え直す=読み直す」ことは、言葉無き言葉を、つまりは、今まで患者が一度も展開しなかった原-主体欲望(大他者の欲望)の蠢きが、発話されることで、その発話文脈全体という言説を、患者(分析主体)が、読み直す/考え直すことであり、つまり再言語化(解釈)とは「…解読・批評は…相互主体性、反復を場としてなされる。…もとにあるものを否定し、破壊する…反復」(P112)であるため、第一章で言われた言語化=主体の消滅(疎外)という「解釈」後、ラカン的不在「主体」の創設と同時に「私の欲望は他者の欲望である」[ラカン] (P112)ため、私の欲望が破壊されると他者=私の欲望が同時に創設される運動・反復の成立となり、この自身の防衛的記憶(現・欲望)=言葉無の否認・抑圧を、再解読・追想(記憶破壊-新・欲望且つ蒼古・欲望)=言葉無である言葉の創出で、間主体的に、現在の視点に過去を凝縮して引き取り、記憶の「意味を変換(翻訳)する」、分析の実演が、シニフィアンそれ自体の欠如が反復して現われる「語っていない夢」の解釈という事後性(もとにあるものの否定)の如何次第で可能になるかどうか占な得る、ということなのかもしれない。上記の「記憶」「追想」は本書後半に特に言及されるベンヤミンの用語で「記憶の機能は印象の保護にある。追想は印象の分解を目指す。記憶はその本質からして保存的であり、追想は破壊的である[ベンヤミン「ボードレールのいくつかのモチーフについて」(ちくま学芸文庫)]」(P145)と引用されているところから取っているが、記憶の破壊と再創出である「「追想」が「あとから」、最初の「印象」を「分解」し、「破壊」する力を持っている…「事後性」は「第一のテクスト」を破壊する機能を持つ…「あとから考える」というのは、普通の意味での「考え直す」ということ…「考え直す」というのは、最初の意見を変えるということであり、ばあいによってはそれを否定し、破壊する」(P145-146)ものであり「ベンヤミンのアナクロニズムは、〈永遠〉と、その永遠から〈開かれたもの〉をつくりだす〈あと〉との衝突から成る…したがって、ベンヤミンのアナクロニズムとは、事後性の問題である[ディディ=ユベルマン]」(P84)と、何度も本書では、精神分析とベンヤミンが、まさに「アナクロニズム(過去と現在の[瞬間/切断/]融合」anachronisme)」(P143)として、現在の視点に過去を凝縮して引き取る翻訳実践/分析実践として、「同一化」して「シニフィアンという固有名の言葉(精神分析=ベンヤミン)」の「集合(l'ensemble)=連鎖(la chaîne)」(P203)を織り成し反復するのだが、下記に書くように、ベンヤミン研究者によっては(もしかしたら後期ラカンは、近いのかもしれないとしても)「…なるほどベンヤミンの思考も、文明に対するペシミズムのトーンを帯びてはいる。しかし、彼には「不気味なもの」に対するフロイトのような怯えはない。むしろこれを正直に認め、積極的な意味づけをしようとする…それは、「経験」の貧困、「人間」の貧困に居直るという姿勢でもある。これに対してフロイトは、「不気味なもの」に対する怯えのなかで、これを封じ込め、制圧することに使命のようなものさえ感じているように見える。…ベンヤミンの「非人間」の反転の思考は…フロイトが黙殺してしまったこの「タナトス」の「昇華」に正面から向き合っている…それどころか、そこにこそ人間ならびに文明の命運を賭けようとしている」(道籏 泰三「堕ちゆく者たちの反転――ベンヤミンの「非人間」によせて」、2015年、岩波書店、P324-329)とし「フロイトとベンヤミンが明確にすれ違い・対立する」と主張する本などを読んだりすると、本書のベンヤミンの援用は、ラカン/精神分析側に引き寄せ過ぎた「ベンヤミン」で、「ラカン/精神分析的思考」に収まらない「ベンヤミン」の可能性については「ラカン的思考」である故、手が届いていないとも思える。もちろん、この道籏-ベンヤミンの可能性は、精神分析「外」の可能性で「タナトス[を]純粋な破壊と死から「昇華」させる…神懸りや狂気や幽霊」(P328、道籏 泰三・前掲書)の可能性であり、これは、ラカン-ルジャンドル読みの佐々木中氏も追求している「精神分析の歴史的臨界=限界」を見切って次へ行く可能性。「「女性の享楽=大他者の享楽」が、「社会を産み出し編み直す」享楽が、ファルス的享楽や剰余享楽とは「別にある」…もうやめよう。一切やめよう。言語の外があって、語れないものがあって、それをめぐってわれわれは恐怖したり憧れたりするのだなどと言うことは。…そうではない。そうではありえない。別の享楽がある。だから、別の言葉があるのだ」(P233、219、佐々木中、「定本 夜戦と永遠 上」、河出文庫、2011年)と、神秘家(アヴィラの聖テレジア・十字架の聖ヨハネ、ミシェル・ド・セルトー)という超人=非人間性?に人類文明全体の変革の可能性を見る?立場になるのではと思われるが、この立場を「精神分析臨床」として進めようとすると、仮に「信仰する神=抽象的存在(想定された知と主体?)」は存在するとしても、「代価を払って」得る転移(患者の無意識の閉鎖且つ保護)相手の分析家が不在となり存在の支持が無い中、ひたすら「精神の分解=分析」(防衛の心的幻想を剥いで剥いで骨まで行くこと)を進める自殺強制に傾れ込む危険性があるのでは、と、少なくとも「良く書く」(≒上手く語る)ことが出来ない凡人視線からはそう捉えられそうだ。とは言え「良く書いている」人間/非人間?の十字架の聖ヨハネなどの下記の書き物などは、宇波=ベンヤミン=ラカンの記憶に対する態度と通じるところがあるようにも見え、なんらかのエピステーメー(科学系譜認識論?)の探求で限界を見極められたとしても、その思想の限界点にもし立ち続けることができれば、その思想を超越論的に越えていくことも思考像(宇波-べンヤミン)として維持する可能性は多少はあるのかもしれない。「それら[被造物に由来するヴィジョン(示現)]に対してきっぱりと拒否の態度をとらなくてはならない。故に、霊魂のうちに刻まれて残るこのようなヴィジョン(示現)のイメージを、記憶の中に集めておいたり、宝のように大切にしてみたり、またそうしたものを心の支えにするようなことがあってはならない。そのようなことをすれば、心に残るイメージや、だれかれのことなどにとらわれて邪魔され、何もかも切りすて、神に向かってゆくことができなくなるからである。」(十字架の聖ヨハネ「カルメル山登攀」奥村一郎訳、ドン・ボスコ社、1969年、P238)とはいえ、この「神に向かってゆく」をラカンの真理愛への恒常的方向性として捉え「シャルル・メルマンは…ラカンが「真実を愛する者」であった」としたあと、「真実はわれわれには幻として現われる」と述べた」(P40)ように、所詮、精神分析思想枠内では、恒常的方向性がいくら存在しようとも、夢想=精神分析=症状でしかなく、記憶の真実を「単なる「夢想」ではない、「真理?≒弁証法的イメージ」(ベンヤミン、P136)としての、クライン派のオグデンが使用するという(聞きかじりですが)生産性が見込まれる患者=分析主体の「記憶の反芻(破壊)・反復・再創造・追想=物思い reverie[夢想・妄想・ばかげた考え]」に翻訳・変換し、精神分析に連接する欲望=解釈を確立したとしても、強引なファルス=ロゴス=オイディプス(性差別=無自覚的正常家族絶対主義)中心主義の幻想=妄念の成立となるだけかもしれない。
 などなど、もうかなり前から「書評」という「形」を放棄し「意味」が生まれる可能性を剥ぎ取り、自我=私の読書経験の押し付け(転移読みの強制)にこの書評がなってしまっており、まさに「この結合・同一化は主体の側の勝手な思い込みであり、主体と対象の真の結合・同一化はありえない」(P207)にも関わらず、妄想・空想(防衛の心的幻想を何重にも上重ねし続けること)を欲しいままにしてしまって、ユングのように言葉の力に溺れること=精神分析の否定となっているのですが、そろそろ締めさせてもらう前に、また妄想を…本書P79。対象a(部分対象)としての「シミ・汚点」というシニフィアンの優位を読解したディディ=ユベルマンの「色斑の投擲」(jet de tâches colorées.色の付いたシミの噴出)のくだりで、シミのはずの「tâche」は、発音記号のアクサン・スィルコンフレックス「^」が付くと「(課された)仕事・任務」の意になり(正確には「taches」)、シニフィアンならぬエクリチュール(「の誤記」)の優位に、牽強付会妄想的解釈「「^」付-語は意味としては「シミ」になるが、形自体も「シミ」のようで、形が意味をつくる-もしや「色(を課された)仕事の引起し(噴出)」として、この宇波先生の本の書評を、なるべく色合い豊かに仕事することを促された(欲望を引起された)、とひとり「語るに落ちる」ことも可能かもしれません……大変失礼しました。本書は、私個人にとり、ラカンの思想が、他の様々な思想家との類似/反復において、合成・組立て(モンタージュLe montage)化、変奏、転移化・翻訳化され星々再配列するため、ラカンの考え(特に「反復=破壊(タナトス)と再創造(エロス)≒昇華??」)を、自身に体内化・思考像化するのに、非常に役立ったことは確実なのである、と断言してこの「書評ではないような書評らしきもの」(le semblant見せ掛け)を終えることとさせて頂く。(玉崎英一)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する