宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

田母神論文の裏側 後編

中西輝政は日本の戦後史学がいわゆる「自虐史観」に支配されてきたとし、「田母神さんのような方が正しい歴史認識を示されたのは、むしろ大変喜ぶべきこと」だと評価している。田母神論文が「正しい歴史認識」だという判断はどこから出てくるのか。東大名誉教授や京大教授が、この論文を肯定し、高い評価を与えていることに注意しなくてはならない。そして11月8日付産経新聞の「週刊誌ウォッチング」で、雑誌「WILL」の編集長である花田紀凱は、この中西輝政の意見について「まさにその通りだ」と賛成している。「右翼・保守知識層」の見解はこのように反復され、増幅されて流通する。 田母神論文は、アパグループという企業が企画した懸賞論文の「最優秀作」である。(アパグループは全国にホテルを経営している企業で、幕張の西部プリンスホテルも買収したことでも知られている。私も札幌のアパホテルに何回も泊まったことがある。安く泊まれるホテルである。)ということは、そういう評価をした審査委員会が存在することになる。自民党の中山という国会議員、花岡信昭(雑誌「正論」で名前を見かけるひとである)ともうひとり(未詳)が審査委員で、委員長は渡部昇一である。「週刊新潮」記事によると中山代議士は多忙なので秘書にまかせたという。この記事を読む限りでは、結局のところ渡部昇一がひとりで決めたような印象がある。渡部昇一が「右翼・保守知識層」の「重鎮」であることは誰もが認めるところであろう。彼は産経新聞主催の「正論講演会」にもしばしば講師として登場している。この論文の審査は、筆者の名前を明らかにしないで、論文そのものを読むというプロセスで選ばれたというが、いわゆる「出来レース」の感じを否めない。賞金300万円というのは、18枚の論文に与えられる金額としては多すぎる。 私がここまで書いてきたことは、単なる前提にすぎない。日本の「右翼・保守知識層」は自衛隊の幹部の思想をも動かしているのだが、そんなことは「左翼・進歩知識層」にとっても周知のことであろう。問題はそういう構造的な言説システムに利用される「知識人」がいることである。 私はさしあたってそのなかのひとりである鹿島茂(明治大学教授)のことを言いたいのである。鹿島茂はバルザックを中心とする19世紀フランス文学の研究者として著名な方であり、またユーモアに富んだ文章で多くの読者を持つひとである。数年前に、刊行した著作が100冊に達したので、それを記念するパーティを開き、私の知人も何人かその会に出席したと聞いている。私自身も少なくとも10冊は彼の本を買って読んでいる。 ところが、2002年に文藝春秋から刊行された鹿島茂の『成功する読書日記』を読んで私は、彼がそのなかで渡部昇一を「読書論の先達」として高く評価しているのを知り、これはダメだと思った。渡部昇一のベストセラー『知的生活の方法』を読めば、彼がいかに「知的」から遠いひとであるかはわかるはずである。  ところが鹿島茂は「諸君!」2008年7月号で、その渡部昇一と平川祐弘(東大名誉教授、『神曲』の翻訳もある)との三人で、「中学教師に薦める必携・現代教養の100冊」という座談会を行なっている。渡辺昇一は、その百冊のなかに『愛国百人一首』(戦争中に選ばれた「国家主義的な」100首の短歌)や大木惇夫の『海原にありて歌へる』(軍国主義的な詩)を入れている。渡部昇一はこの詩集に収められている大木敦夫の作品「戦友別盃の歌」を「大東亜戦争の時代の証言」であると評価する。  また、かつて平川祐弘に教えを受けたあるひとからの私宛の私信によれば、彼は「極右国粋主義者」だそうである。問題は若いひとたちに人気のある鹿島茂が、渡部昇一、平川祐弘のような「右翼・保守知識層」の偉いひとたちと肩を並べ、彼らに「協力」する結果になっていることである。鹿島茂のような研究者が、いつのまにか「右翼・保守知識層」のなかに取り込まれる状況を無視すべきではない。それは、鹿島茂に限らず、彼の世代のひとたちが、言説の世界の危機的な状況をよく把握していないからである。渡部昇一や平川祐弘がどういう思想の持ち主であるかを知っていれば、彼らとの座談会に出席して、『愛国百人一首』を中学の先生に読ませようとする意見に反対もできないということにはならないはずである。

(2008年11月20日)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する