宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

田母神論文を支えるもの (1)

田母神論文とは?

自衛隊航空幕僚長の職にあった田母神俊雄が、太平洋戦争について日本に責任があるとするのはまったくの「ぬれ衣」だという趣旨の論文を公表し、そのために更迭されることになった。この論文の内容については、歴史に関して事実誤認が多く、レヴェル以下だという意見がある一方で、田母神俊雄の意見はもっともであるという見方、さらには、更迭されたあとも自分の意見を変えない毅然とした「武士的な」態度が立派だという、内容とは無関係の見解もある。要するにさまざまな波紋があるということである。その「波紋」のなかに注意しておくべきものがいくつかあると考えられる。それらの多くは、保守的なメディアによる「増幅作用」には違いないが、そうした作用を軽く見てはいけない。また、それらの増幅作用の程度が低いからという理由で、無視すべきものでもない。
この「事件」のあと、田母神氏俊雄にはあちこちから講演の依頼が殺到していると、2009年3月1日の産経新聞が伝えている。特にいわゆる拉致問題については、「強硬手段を執ってでも」解決せよと主張しているという。「強硬手段」とはどういうことなのか。ところで、歴代の「航空幕僚長」の出身学校をインターネットで調べてみると、初代は「東京帝国大学」であるが、しばらくのあいだは「陸士・海兵」の出身者たちであり、源田サーカスで有名な源田実の名もある。つまり、航空幕僚長は、ある時期までは旧日本軍の幹部の「生き残り」たちが占めていた役職であり、そのあとは防衛大学校出身のエリートたちのポストになっていると考えられる。

日本軍の伝統

つまり自衛隊には、たとえ表向きは「村山談話」の尊重、新憲法を基礎とする平和日本というモットーがあるとしても、旧日本軍の思想的な伝統が何らかのかたちで残っていると見るべきである。さらに防衛大学校や、田母神俊雄がかつて校長であった統合幕僚学校ではどのような「思想教育」が行われているのかという問題ともつながっている。つまり田母神俊雄の論文は、けっして孤立した状況のなかで書かれたものではなく、その周辺には彼を支える「空気」が存在している。彼の論文を支えている歴史的なもの、つまり日本の優越性、日本という国家の行為の正当性をどこかで維持しておきたいという傾向がどういう構造になっているのかを見極めなくてはならない。また逆に、この田母神論文問題を材料にして、その構造が具体的にどのように動き、また変化しているのかも考えることができる。つまり、この論文を生み出したものは、田母神個人である以上に、彼を支える強固な構造的なものであり、いわゆる「記憶の共同体」、あるいは「共同幻想」が存在すると考えるのが妥当である。またこの論文がさまざまな評価を得ることによって、その構造・共同体が強化され、変化していくプロセスも考察の対象になるであろう。


(つづく)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する